ここから先は私のペースで失礼いたします

さかもツインの健康で文化的なようでそうでもない生活をお送りいたします

昭和ラブホ

シャトーすがも202号に潜入

このホテルの全てを知りたい。そう思ってしまった。夏の始まり、胸をときめかせるネオン。シャトーすがもよ、私に一晩の夢を見させてはくれないか。 エレベーターは点検中で赤絨毯の階段をひとつひとつのぼりたどり着いたは202号室。この扉の先はどんな世界…

シャトーすがも305号室に潜入

いつだってこの街を妖しく照らすネオン、シャトーすがもというホテル。この光に引き寄せられふらりと入ってしまった。 フロントで鍵をもらう。先払いかと思って財布を用意して待っていたら「後払いになります。」と言われ鍵だけ受け取って部屋へ向かう。ラブ…

旅荘和歌水 すぎ に潜入

吉祥寺の井の頭公園のほとりにひっそりと佇む旅荘がある。その名を和歌水という。 この道は何度も通ったことがあるのにここに旅荘(ラブホというより連れ込み宿と言った方がしっくりくる)があることに気付かない、見える人にしか見えない建物だ。 初めての訪…

ホテルパピオン301号室に潜入

日暮里という不思議な街に不思議なホテルがある。その名をホテルパピオンという。 ホテル パピオン(Papion)|東京・西日暮里|オフィシャルサイト 西日暮里の駅から徒歩数分。電車の車窓からギラギラと「papion」と煌めくネオンを見たことがある人もいるの…

シャルマン345室に潜入

ホテルシャルマンというところにはメリーゴーランドのある部屋があるらしい。いままでメリーゴーランドは遊園地でしか見たことがない。ラブホテルの一室に一体なんのためにあるのか。本当にあるのか。その謎を明らかにすべく我々さかもツインは京都府の奥地…

シャルマン232号に潜入

それは沼だった。底無しの。1度ハマったらずぶずぶと沈むしかない沼。京都にあるラブホテル、シャルマンのことである。 京都南インター ラブホテル シャルマン 京都の桃山御陵前駅から2km。徒歩25分、タクシーだと10分ほど、1,000円でお釣りが来る距離だ。「…

ホテルハニーに潜入~402号室編~

ラブホテル巡りをしていると予期せず好みの部屋に辿り着くことがある。ホテルハニーもそういうラブホテルだ。 東京都 江戸川区・小岩・平井・葛西 ホテル ハニー アクセス情報 | ラブホテル検索サイト[STAY LOVELY/ステラブ] 小岩の駅から少し歩いたところに…

小岩シャトーに潜入~304号室編~

シャトーとはフランス語で『城』を意味する。フランス人でも貴族でもないが行けるものなら行きたい魅惑のシャトー。お気軽に入れるシャトーは小岩にあった。 ここはシャトーの入口。 城は城でも小岩にある小岩シャトー、ラブホテルだ。 小岩シャトー | ラブ…

ホテル赤い靴に潜入~301号室編~

今夜場末のホテルで そんなタイトルがつけられそうな、昭和の残り香が漂うホテル、「赤い靴」。 少しだけ昔のきらびやかな世界は色褪せながら今も輝く。その鈍い光に誘われて私はホテルの門を潜った。 赤い靴 | ラブホテル検索・予約ならカップルズ 小岩駅か…

ホテルエレガンス(佐賀)113号室に潜入

佐賀に行くことになったときどうしても行ってみたいラブホテルがあった。ホテルエレガンスという回転ベッドのあるラブホテルだ。 性の文化遺産「回転ベッド」の中でも珍しい せり上がる回転ベッド取材してみた | おたくま経済新聞 回転ベッド時代は1985年に…

ラブホ撮影楽しいよ

最近ラブホにはまっている。レトロなラブホに行くのが楽しい。火曜サスペンスごっこやレトロなラブホの室内を撮ったりするのにはまっている。 Twitterなどでレトロなラブホ情報を見つければメモをして行きたいラブホリストを作っている。行きたいところが10…

レトロなラブホを探して

電車の窓から見える無数のネオン看板。古そうな看板も新しい看板も。いつだって目で追っている。古いレトロなラブホ巡りが趣味のひとつになってからどこにどんなホテルがあるか探すようになった。Twitterなどでどんなホテルがあるか知ることが多いのでたまに…

シャトーすがも203号室に潜入

シャトーすがもには生きた昭和がある。誰が言ったか言わないか。元号が変わってもそれを昭和と呼べるのはなぜか。真実を突き止めるために我々さかもツインはJR巣鴨駅へと向かった。。 シャトーすがもは回転ベッドのあるラブホテルだ。円形のベッドがぐるぐる…

ホテル富貴に潜入~202号室ローマ編~

ずっと憧れていて行きたかった場所、私にはそんな場所がいくつかあってそのうちの1つがホテル富貴のローマの部屋だった。実際にこの部屋に行ってみて「うわぁ…」と感嘆するばかりだった。それほどに見たことのない甘美で不思議な世界が広がっていたのである…

ホテル富貴に潜入~304号室編~

大阪に行くなら絶対行った方がいいよと言いたい場所がある。ホテル富貴だ。他のどこにもない独特の世界を見たいから旅に出るとすればここはその願望を満たす場所だと思う。 ホテル富貴 初めてホテル富貴の存在を知ったときはおったまげた。こんなきらびやか…

旅荘和歌水に潜入~おまけ編~

先日潜入した旅荘和歌水、ぼたんという部屋以外も完全に昭和だったのでおまけ編として紹介する。 旅荘和歌水 ぼたん に潜入 - ここから先は私のペースで失礼いたします 入り口はこちら。エメラルドグリーンの壁がさわやかでかわいい。 エントランスというか…

旅荘和歌水 ぼたん に潜入

こんなに強烈な空間は他にはないだろう。私は呆気にとられた。感情が燃え尽きてさらさらと灰になった気分だ。噎せかえるような昭和の世界を目の前に声すら出すこともできない。圧倒的敗北だった。 その強烈な空間は旅荘和歌水という。 吉祥寺の井の頭公園の…

ホテル富貴に潜入~302号室江戸編~

そのホテルの存在を知ったのは日本昭和ラブホテル大全という本で、昭和王道ラブホとしてトップで紹介されていた。赤い絨毯、ネオン看板、贅を尽くした部屋、どれをとっても昭和でレトロで美しかった。名前をホテル富貴(ふき)という。 ホテル富貴 それから何…

ホテル醍醐に潜入

大阪には大阪城がある。そして偽大阪城もある。立派な天守閣がついている。その名をホテル醍醐という。俗にいうラブホテルというやつだ。 ホテル 醍醐 | ラブホテル検索・予約ならカップルズ 以前大阪に行った時に偽大阪城の付近を案内してもらいこんな奇抜…

シャトーすがも303号室に潜入

もう少しで平成が終わる。そのとき昭和がもうひとつ昔になる。新しいものが増え古いものが消えていく中で現役稼働している昭和の残り香を探している。 盲点だったな、と思ったのはラブホテル。彼氏がいないので行く用もないのだが、昭和レトロなラブホテルも…