読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここから先は私のペースで失礼いたします

さかもツインの健康で文化的なようでそうでもない生活をお送りいたします

さかもツイン餃子の王将デビューをはたす


只今餃子の王将にきておりますさかもツインです。

ねね(姉)もめめ(妹)も、餃子の王将って、おっさんの行くところだと思っており、なかなか敷居が高く感じられておりました。

女の子は王将行っちゃいけないんだよ、と謎のプライドが王将行きを阻止していました。

しかし、今日は8時までバレエの発表会を鑑賞していたため、お腹ぺこぺこ
明日も早いので、手っ取り早く夕食を済ませたい気持ちで話し合った結果、ラーメンにしようということになりました。

駅前には餃子の王将の看板。

付近にラーメン屋もなく、じゃあ、行きますか、と偏見を打ち破ることに。



f:id:sakamotwin:20160410210145j:image
こなれた様子で王将に入るめめ

程よくキレイで程よく空いてる店内。
店員さんのいらっしゃいませーもハキハキしていて程よいです。

f:id:sakamotwin:20160410210224j:image

メニューも豊富でしかも安いのですね。

選ぶ楽しみ、これ、女子にとって必要不可欠です。

意外と女子目線も意識しているのでしょうか。
策士です。王将。


f:id:sakamotwin:20160410210455j:image

餃子にかける想いもポスターに表されています。


f:id:sakamotwin:20160410210534j:image

この、OHSHOのロゴも奇抜な色使いも、意識高い系ですね。

OHSHOー

Sの文字がアピールしてきます。


f:id:sakamotwin:20160410211152j:image
さて、餃子がきました。
速攻できました。
早いです。手っ取り早い。話が早い。
オーラがすごいです。

餃子定食のダブルです。

いい響き♡

白飯も最高においしそう。

目の保養って、こういう事なんでしょうね。

写真をとったら、死後の世界のように薄らぼんやりしました。

王将って、天国なのかもしれません。


f:id:sakamotwin:20160410211407j:image

天国の空気感を無視し無心でホルモンを貪るめめ

餃子は、とてもおいしかったです。
白飯もスープもきゅうりの漬物も。

そうそう。こーゆうのが食べたかったの、と思わせる定食。
あざとい、王将。

f:id:sakamotwin:20160410211730j:image

お皿もピンクでふちどられ可愛らしいもので、やっぱり女子を意識しているようです。

そしてこれ誰食べても1人1000円もしないコスパ


隣ではカップルが楽しそうにディナーしていました。

こちらでは、似たようなぼんやりとしたばばぁが2人でガツガツめしを喰らっております(食べるシーンは悲惨)

1人でも、双子でも、友人でも、カップルでも、どんなシーンにも王将は対応できるのです。

餃子の王将って、すごい。

見くびってたさかもツインの31年間、もったいない。

これから、王将とじっくり向き合いたいと思います。

おっさん臭いなんて言わずに。
王将で天津飯たべたり、ビールのんだり。

レジ前にミンティアが用意してあるのもあざといんだから、もうっ。


今日のまとめ
以上、さかもツインの餃子の王将記念日レポートでした。