読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここから先は私のペースで失礼いたします

さかもツインの健康で文化的なようでそうでもない生活をお送りいたします

第1回菓子盆選手権に行って直径18㌢の盆に人智をみた話

ねね(姉)です。
 
本日は待ちに待ったオモコロプレゼンツ菓子盆選手権の日でした。 

チケットがとれず、めめ(妹)とプチ絶交をし、追加チケットを入手し、無事行けることになったのです。

嬉しかったですたい。


そもそも、菓子盆って言われてもピンとこないですが、
昔、友達の家に行くとおやつとして用意してあった、あの夢のようなお盆です。

大人になるにつれて、菓子盆を振る舞うことも振舞われることもなくなり、
菓子盆という言葉すら忘れてしまってましたが、オモコロが思い出させてくれました。



最強のお菓子チョイス王は誰だ!? 第一回「菓子盆選手権」 | オモコロ

あの昭和の懐かしい記憶が詰まった菓子盆。

今回はこれに注目したイベントです。



お馴染みロフトプラスワンさん。
 
f:id:sakamotwin:20160511232611j:image


f:id:sakamotwin:20160511233746j:image
到着すると、店内は女子率高い!
お菓子のイベントだから?

いいえ、みんなガチでオモコロが好きなよう。

入店時に後ろで話していた女子2人組さん、ディープにきしょたん(マッハキショ松さん)の話をしていました。

相当好きですわ、みんな。


f:id:sakamotwin:20160511234037j:image

お菓子がどーっと、置いてあり、菓子盆イベントらしいセットです。

開演まで時間があり、その間、オモコロスタッフさんが場内をウロウロする度にお客さんの視線が熱く注がれます。

特に、山口むつおさん。

イケメンさんですから、女子たちが♡の目をしながら動きを見ています。

インターン生もいらしてました。


20時開演

前半

原宿さん、永田さん、ARuFaさん、ダ・ヴィンチ・恐山さん(以下ダビさんとさせて頂きます)登場です。

壇上で、お菓子についてあーだこうだ話しています。

イカ天チョコボー、皆様の好みをしりました。

何がうまい、これが好き。
もはや女子のおやつタイムです。

持ち寄ってオススメを話し合うのってたのしいですから。

その中でARuFaさんが食べたサクラ大根。
これはどうやらサイコパスが食べるまずめの漬物だそうです。

サクラ大根をつまんだ手をぺろっとなめてマイクを持つARuFaさん。
笛ラムネを吹いて、ダビさんにそのまま渡し吹かせようとするARuFaさん(笛ラムネモラルがない)。
食べかけのビスケットをそのままダビさんに食わすARuFaさん


ARuFaさんの遺伝子検査、すぐできるよってくらい唾液付着率誰よりも高め。

そんなARuFaさんのブログ。
すごい好きです。

周りのお客さんもみんなARuFaさんのこと大好きなようです。

もしかしたら、本当にサイコパスなのかもしれないですね。

さかもツインの父は言っていました。

「普通じゃない人(癖のある人)が日本を変えるんだ」
と。

その法則に当てはまれば、ARuFaさんは、日本を変えるでしょう。


ハイハインも置いてありましたが、案の定ディスられていました。
味がしないと。


意外と美味しいし、癖になるから食べてみてほしいですね。


もてなし盆

リックェさんよりおもてなしの心をいただきます。


f:id:sakamotwin:20160512003615j:image

お酒を飲みながら食べる菓子盆。
という事で、塩気強めだそう。

悪意を込めたそうですが、ほんとにこれ酒に合うし、進むんです!

裂きイカがしょっぱーと思えばチョコクッキーあるし。

ちょうどいいんです。

甘さとしょっぱさのバランス。王者の貫禄。

さすがでした。


一般の人からの公募による菓子盆も、ダビさんの華麗なる解説によりかなり盛り上がりました。

一般男性のもみじ饅頭がのった菓子盆が美しく風情があり、京都の苔寺で一息した後につまみたくなるわびさびのきいた逸品、いや、逸盆でした。

菓子盆はパーソナリティがでるそうですが、ほんとそのとおり。

血液型占いなんかよりもその人が見える。
菓子盆占いなんてでてこないかしら。

このお菓子を入れる人は、一途。とかね。


後半

後半は、実践。
カメントツさん、リックェさん、山口さんを加え6人の6様の菓子盆が披露されました。

できたてほやほやの、菓子盆を見るんですよ。

ワクワクしますよね。


理想の女性が自分に出してくれる菓子盆がテーマ。
女子目戦で男子うけを狙う菓子盆です。


永田さんの菓子盆は手を伸ばしたくなる盆でした。
山口さんの菓子盆は上辺は凄く食べたくなる盆でした。


リックェさんの緑のチョコ(抹茶味)が盆のバランスを狂わせ
カメントツさんの宇宙食を彷彿とさせる盆が、人との関わりをとざそうとし、
ARuFaさんのみちみちぎっちりとした視線が散らばる色味の盆がお菓子を食べる楽しみを忘れさせ(昆虫標本と呼ばれていた)
原宿さんの変質者盆が狂気のさたで、明暗をばっちりわけましたね。

これもパーソナリティなんでしょう。

ところどころで悲鳴があがってました。

たかが菓子
されど菓子

おもてなしの心って難しいもんですね。


f:id:sakamotwin:20160512005505j:image


f:id:sakamotwin:20160512005528j:image


f:id:sakamotwin:20160512005540j:image

最後はお菓子がふんだんに配られて終了しました。

ねねはこのお菓子が顔にバシーンと飛んできたので、これをポッケにしまって帰りました。


最初から最後まで大爆笑の菓子盆イベント。

次回もあれば是非行きたいものです。

最高でした。

たくさん笑わせてくれたオモコロスタッフさんに感謝です。

カメラマンに徹していた加藤さんが、にっこにこしながら写真を撮っているところもかわいかったです。

今日のまとめ

  • 菓子盆の上に作られる世界の創造主は己であり己の全てが映し出される。
  • そしてそれをダビさんに赤裸々に解釈される。
  • みんなで食べるお菓子は美味しい
以上お菓子を堪能したねねでした。