読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここから先は私のペースで失礼いたします

さかもツインの健康で文化的なようでそうでもない生活をお送りいたします

吉見百穴に行ったら岩室観音堂に寄ろう


ねね(姉)です。

東松山を出発し、吉見百穴の観光も1時間ほど楽しみました。




百穴入口のバス停から今度は鴻巣方面へ向かいます。
1時間に2~3本出ていますので、待つ間、もう少し吉見百穴周辺をフラフラします。


f:id:sakamotwin:20160602220440j:image
ちょうど12時で太陽光がすごい。


岩室観音堂
です。

誰もいないひっそりとしたところです。


f:id:sakamotwin:20160602220811j:image
階段があり、上がっていいのかなと思いましたが

f:id:sakamotwin:20160602220910j:image
裏から見るとどうやら階段上がお堂のようなので上がります。

山門かと思ってた。


f:id:sakamotwin:20160602221003j:image
階段急すぎ。


f:id:sakamotwin:20160602221050j:image
天井の梁が複雑なつくり。

おもしろー。

f:id:sakamotwin:20160602221210j:image

お参りをすませ、


f:id:sakamotwin:20160602221233j:image
お願い事は折り紙にかいて、鶴を折り、納めます。

端にお経の文字があり、揃うと千羽鶴のようにくくるのだとか。

本堂をちょっと過ぎたところに
胎内めぐり、というところがあります。


f:id:sakamotwin:20160602221936j:image
ぬかるみの上り坂を少し進みます。


ハート型の岩を潜ってみよう、と。


はてはて何があるのかな。



f:id:sakamotwin:20160602221859j:image

...鎖か。

随分急勾配。

アルピニストが歩くところみたいな岩場です。

せっかく来たなら頑張って行きましょう。


f:id:sakamotwin:20160602222134j:image
ん。

f:id:sakamotwin:20160602222203j:image
わ!
ほんとだ!
♡だ!

f:id:sakamotwin:20160602222253j:image

おぉー!
上りより下りの方が楽でした。

埼玉にこんな不思議なところがあるとはね。

♡スポットとして話題にならないのはこのうっそうとしたひっそりとした廃墟感のせいでしょうか。


f:id:sakamotwin:20160602222452j:image

石仏にお邪魔しましたと手を合わせ、バス停に向かいます。



f:id:sakamotwin:20160602222559j:image
和菓子屋さんがあります。


牡丹だんごという
あんこの入ったみたらしだんごを買いました

f:id:sakamotwin:20160602222909j:image
ひんやり冷えていて口溶けの良いおいしさでした。




百穴入口から鴻巣駅行きのバスに乗り込み、馬室バス停で降ります。

ここから10分ほど歩き、鴻巣ポピーハッピースクエアに向かいます。


鴻巣は免許センターとポピーと人形の街。

見頃は過ぎていましたが、あたり1面のポピー畑がきれいでした。

f:id:sakamotwin:20160602223201j:image

f:id:sakamotwin:20160602223219j:image



f:id:sakamotwin:20160602223310j:image
ちょっと珍しい色のポピーや

f:id:sakamotwin:20160602223340j:image
八重咲きのものもあり、楽しめます。


f:id:sakamotwin:20160602223444j:image

ポピー畑の横は、麦畑で、

f:id:sakamotwin:20160602223534j:image
マッサンのオープニング映像のような1面の小麦色!


f:id:sakamotwin:20160602223627j:image
風になびくんですねぇ。

埼玉なのに、埼玉じゃないような世界でした。


帰りは馬室から鴻巣駅までバスで10分もかからず。

東松山鴻巣間のショートトリップ。

いい癒しになりました。


今日のまとめ
  • 岩室観音堂のひっそり感は異世界のよう
  • 鴻巣ポピーハッピースクエアのポピー面積は広大でポピーがきれい
  • 今度は誰かと一緒に行きたい(一人だと怖いから)
以上、埼玉県の知られざる魅力を体感したねねでした。