読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここから先は私のペースで失礼いたします

さかもツインの健康で文化的なようでそうでもない生活をお送りいたします

半ケツ濡らしのフォトジェニックな彼女

ねね(姉)です。
今日は月に一度のお楽しみ、友人K江とのお出かけでした。

めめ(妹)はもちろん置いていきます。

先日ねねが行った占いが気になるとのことで、横浜に行くことに。



何だか心に響くここの占い。

の、前に、中華街と言ったらやっぱり中華料理。

f:id:sakamotwin:20160628214246j:image
ご飯を食べましょう。

f:id:sakamotwin:20160628214320j:image

K江との話が盛り上がり、ねねが水を飲んだらむせてそのまま鼻から出てきたのをハンカチで拭いたら、ハンカチで拭くのは汚いと注意を受けました。


その後、頬杖をついたK江が下を向いた瞬間、よだれがぴゅぅと飛びたしたのはぺろっと回収していたので、アラサーティ⑸は顔から水が滴る危険性100%であることが証明されました。

占いではやはしピンポイントで的確に当たるところがあり、K江は太陽の人で美人の星を持っているので、モデルや女優なんかも向いてるそうです。

ふむふむ。

ねねの向いてる職業マネキンとは大違いで羨ましいですな。


色々気になるところを聞いて満足しているK江をよそに、腹の違和感(B意に近いようなもの)に襲われるねね。

占いどころを出たら治ったが、その後K江に腹痛の神が舞い降り、

キェーーー

オオオォー

と大声で叫びながら横浜マリンタワーに駆け込みトイレに行くK江。

B意のいたずらに翻弄されるのはいつものことなので、暖かい目で見守ります。

お互いこんな事はよくあるので慣れたものです。

しかし奇声まで発するようになるとは。

ねねもB意のいたずらがやってきたら奇声をあげてみようと思います。


中華街に始まり、横浜山手公園や海の見える丘公園まで散歩もいいデート(仮)コースです。


f:id:sakamotwin:20160628215326j:image
鳩もデート(仮)してた

モデル向きのK江ですからカメラを向けると

f:id:sakamotwin:20160628215416j:image
色々なポーズをとってくれて、写真映えするんです。

カメラ持って彼女の写真を撮りまくる彼氏のように、フォトジェニックデート(仮)になりました。

アンニュイと言えば
f:id:sakamotwin:20160628215537j:image
アンニュイだし。

アクティブにといえば

f:id:sakamotwin:20160628215750j:image
高速で舞い降りるし(水不足に備え左足首に水が溜まるシステムを搭載しているので、あんまり激しく動かさない方がいいK江の左足首)
被写体として、天才的な芸術性を発揮するのです。

しかしながら本日多少の小雨により、ぬかるんだオブジェの上に座った瞬間、茶色い泥がガウンにべったり付着。

まるで、漏らしたかのよう…。

さきほど、敵は己の中にありと言わんばかりに猛烈なB意(下していたわけではない)と闘っていたので、実際問題、それが泥がBかは不明である。

必死で公園の水道で洗濯をはじめるK江。

ねねは大爆笑です。

f:id:sakamotwin:20160628215929j:image
ゴシゴシ

半ケツ濡れのK江はおおらかなので、歩いてれば乾くとニコニコしていましたが、その後の写真は全部ケツが濡れていたのでした。

f:id:sakamotwin:20160628220121j:image

ケツが濡れてる方だから、左は引いて!
と何回か声をかけることも。

こんな湿度の高い日でも、元町中華街から渋谷に行くまでに乾いていたのでよかったです。

乗換駅の渋谷に寄り道。

f:id:sakamotwin:20160628220430j:image
ねねの大好きな名曲喫茶ライオンです。

ほの暗い空間オタクのねねとK江にとって居心地のよいところでした。

名曲喫茶ライオンの良さが伝わったことがうれしいです。

ラーメンを1杯ひっかけて、ネギ好きK江にネネのネギをあげ、2人できゃいきゃいご飯を食べます。

この歳で同性2人できゃいきゃいしてると、アクの強いビアンのカップルみたいです。

友人K江とじゃなきゃ出来ない横浜フォトジェニックデート(仮)


今日のまとめ
  • 横浜の中華街→山下公園→海の見える丘公園はフォトジェニックデートコース
  • みなとみらいの夜景もいいが、それは本当のデートの時に(その予定はないのでみなとみらいはしばらく行けない)
  • 友人K江の独特のセンスは尊敬に値する
  • 半ケツ濡らしのK江は満足げに帰っていった
以上半ケツ濡らしのK江と楽しいひとときをすごしたねねでした。