読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここから先は私のペースで失礼いたします

さかもツインの健康で文化的なようでそうでもない生活をお送りいたします

飯田橋の歩道橋の中心で行き場のない怒りを叫ぶ

1週間の終わりの金曜ナイト。
帰宅ラッシュの電車は今まさに溶けそうな泥人形みたいな人たちでいっぱいですね。
お疲れ様です。

ねね(姉)も泥人形と化して帰宅します。

隣のおっさんが汗くさくて~しょうがないのは分かるけど~この匂いきらいだわ~夏本番暑さもさる事ながら汗の匂いもきっついですわ~。

泥人形になって嗅覚なくなってくれぃ(電車の中限定で)


ねねは今日久しぶりに研修に行ってきました。

割とホワイトな(割と!完璧ではない!)病院のため、勤務扱いで交通費も出してくれて研修に行かせてくれるのはありがたいです。

新しいことが入れ替わりたち変わりやってくるので、たまには勉強しないと時代遅れになるもんです。


飯田橋にあるナースプラザというところまで研修に出かけます。

初めて行くところで、駅から徒歩8分。

他のおばちゃんナースからは
「駅から歩くよ」
「あそこちょっと難しい場所だよね」
「出口間違えると大変だから!」

とアドバイスを頂き講義の25分前に飯田橋へ到着。

Googleマップを開き、GPSオンッ!
矢印の方向へ向かいます。

ナビゲーションもばっちり!

余裕余裕、なんて思い歩き始めます。

15mほど歩いたところで、現在地を示す矢印がくるくる周り逆方向を指し始めます。


え...

こっちじゃないの?

戻るの?

 え、じゃあ戻る。

ナビ
「横断歩道を渡ります」

え。

ここ?

みずほ銀行の方行くんじゃないの?

そこにファミマあらるからさ、そっちじゃないの?

でも矢印が逆をさすぅー。

とりあえず矢印が示すとおりに動きます。

ナビはもう何も喋らなくなり、矢印がちょいちょい向きを変え、ねねは進むべき道が分からなくなりました。


とりあえず矢印を正しい方に向けよう。


f:id:sakamotwin:20160805211312j:image
飯田橋の駅前陸橋を登り、右往左往します。
 
 こっちかな。

階段を降りるも、また矢印が違う方向いて、青いポイントに行かないっ!

メトロの駅からJRの駅まで来てしまった。

ここじゃないのか。

仕方ない。

もう一度階段を登り、矢印を合わせようとしても、もう、青いポイントを見失い、矢印はただのポンコツと成り下がり、ねねと一緒にくるくる回るだけになってしまいました。


「もぉっ!!」


飯田橋の陸橋の中心でうろうろした挙句、怒鳴るねね。

 
周りには知った顔で知った道を悠々自適に歩くサラリーマンたち。

腹が立つわー。

ウロウロしてスマホに叫ぶきち○いねね。

もういい、きちが○と思われても。
この憤り、吐き出さないとどうしようもないから。


日傘も日焼け止めも持ってこず、灼熱太陽に焼かれて肌がピリピリ。

アラサーティ⑸にもなると紫外線への危機意識が強いから日焼け対策が何も出来ないことは、化粧をしないで飲み会に行くのと同じくらい恐怖だしタブーなんですよ。

あぁ、シミがまた増える…。


飯田橋に来て15分。

直射日光をモロにくらい、階段を上がったり下がったり小走りしてもう熱中症寸前。

こんなはずじゃなかったし、何でこんなことに!とやり場のない怒りがこみ上げます(全ての根源は自分だけども。)

研修開始時間まであと10分…

あと10分でナースプラザに間に合うよう行けるはずも無い。


ねねの心は折れた

そしてタクシーに乗った

ねね
「ナースプラザってわかります?」

タクシーのおっさん
「あぁ、分かるよ!看護のやつでしょ。」

ねね
「そうです。そこまでお願いします。」


これでおっさんが、分からないと言ったらもう間に合わない所でした。

もしかしたらあのおっさんは神だったのかも知れません。

ふぅ。これで間に合う。
良かった…


f:id:sakamotwin:20160805215948j:image
ナースプラザ、空がきれいだ…


ナースプラザには無事3分前に着き、最後に到着したのはねねのようだった。

空いてる席がそこしかないから、と、講師の、真ん前、ドセンターに誘導され、
甥氏といっしょやわ、とがっかりします。


一番後の方でしずーかに、万が一途中寝ちゃってもバレないように、研修を受けようと思ったのに! 

そんなドタバタがありつつも、研修はとても有意義なもので満足度が高かったです。

勉強になったんだけどね、38歳くらいのバリバリの先生が白いシフォンのブラウスを着ていてね、一応透け予防の白いキャミがついてたんだけど、そこからはみ出して紺色のブラが終始薄い白シフォンから見えていたのが気になったんですよ。

服の着方知らん人やな、とセンター席でひっそり思うのでした。

教わったこと全て必要な知識だったのでメモ必死でとりましたよ。
 
f:id:sakamotwin:20160805213632j:image
ケツの絵が4回書いてある。

ケツがよっぽど重要でしたからね。



f:id:sakamotwin:20160805213759j:image
しかしながら最後の40分地点で猛烈な眠気に襲われ、何を書いているのか分からない危機的状況。

最前列で宇宙文字を書く事案に対してなす術はありませんでした。

これを持ち帰り、ホルマリン師長に研修報告しなくては。

ねねはずっとケツの絵描いて一日研修受けてたよって。

今日のまとめ
  • 飯田橋の歩道橋の真ん中は地獄
  • 迷子になっても誰も見つけてくれるわけないから、金を積んで(730円で)ナースプラザを見つけた
  • センターで研修受けたので、先生に指された、そして答えた、それは合ってた、良かった

月曜日、ホルマリンに研修ありがとうございましたと、研修資料でもらったガーゼをデコに使いますってジョークをかませるか(遅刻しそうになったことは内緒)と思うねねでした。