読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここから先は私のペースで失礼いたします

さかもツインの健康で文化的なようでそうでもない生活をお送りいたします

三峯神社に毎月1日だけしか手に入らない白い「氣守り」をもらいに行こう

お出かけ パワースポット 埼玉県

11月に入りました。こんばんは、ねね(姉)です。

昨日は埼玉の秩父にある三峯神社という所に行ってきました。

三峯神社パワースポット「3選」!関東で最も強いスポットと言われる理由!特徴や魅力・アクセス方法などご紹介!|WELQ [ウェルク]

 

毎月1日のみ限定の白い「氣守」というものがあるそうで、もらいに行ったのです。

 

関東でも有数のパワースポットで、「氣守」は浅田真央ちゃんなど有名人も持っているというお守りらしいです。

 

埼玉県民のねねは友人K江と共に熊谷駅から秩父鉄道に乗り換えて三峰口駅を目指します。


f:id:sakamotwin:20161102201228j:image


f:id:sakamotwin:20161102201257j:image

レトロな駅でした。

ここからバスに乗り、三峯神社を目指します。

バス停は改札を出たらすぐにあるので乗り継ぎは楽々です。


f:id:sakamotwin:20161102201742j:image

 

駅前にコンビニはありません。

食事処はひっそりとあります。

 

西武秩父駅からのお客さんを乗せたバスが三峰口駅に着いたときは車内乗車率80%くらいだったので座ることは出来ませんでした。

 

山道を行くので立ち乗りバスは揺れに揺れます。踏ん張って耐えるしかありません。

 
f:id:sakamotwin:20161102202359j:image

GoogleMAPで見ても何もなさすぎる画面。

黄色が車道ですが、くねくねしてる山道で特にピンがささってる秩父湖(人口ダム)の一部が片道交互通行なので渋滞するのです。

 

ここを抜けても三峯神社の駐車場まちの渋滞があるのでアクセスが非常に大変です。

 

スムーズにいけば1時間程でつくバスが、昨日は9時に駅を出たバスが13時頃着いた、という混みっぷりです。

 

バスの運転手さんもそこら辺はよく分かっていて、渋滞で詰まった時に「ここから先降りて歩いて行くことも可能、歩きの方が早くつくかもしれない」とアナウンスしてくれたので、三峯神社まで5キロのところから歩くことを決意しました。

 
f:id:sakamotwin:20161102202956j:image

紅葉と青空がきれいです。

マイルドな上り勾配の車道を、「頑張れ頑張れ」の歌を創作し息を切らしながら歌います。

途中K江のでかいパンツ燃やせと何回も歌ったら黙れと言われました。

ドラマチックなエモい歌だったのにね。ひどいわぁ。

車道はところどころ仮設トイレがありますが、自動販売機がないので飲み物がないと辛いです。
f:id:sakamotwin:20161102201725j:image

1時間半くらいかけてやっと三峰神社の入口に着きました。

 

参拝の前に腹ごしらえ。
f:id:sakamotwin:20161102203334j:image

食堂は激混みです。


f:id:sakamotwin:20161102203405j:image

外にはとうもろこしの粉で作ったまんじゅうが売ってて観光地感でてます。そしてそれはおいしかった。

 

自動販売機もあったので飲み物を買って一安心しました。

 

腹ごしらえをしていざ参拝です。

鳥居の前で白い「氣守」の引換券をもらいます。

1人1枚しかもらえないので注意して下さい。

友達の分も買っていこう、ということはできませんよー。

f:id:sakamotwin:20161102203522j:image

f:id:sakamotwin:20161102203756j:image

数の制限はないようで、スムーズに引換券をもらえました。

 
f:id:sakamotwin:20161102203853j:image

神々しい白い鳥居を抜けて


f:id:sakamotwin:20161102203939j:image

厳かな参道を歩き


f:id:sakamotwin:20161102204012j:image

山門をくぐり


f:id:sakamotwin:20161102204039j:image


f:id:sakamotwin:20161102204105j:image

いざ、本堂へ!


f:id:sakamotwin:20161102204140j:image

少しだけ並んでお参りします。


f:id:sakamotwin:20161102204215j:image

本堂の装飾が美しかったです。

 
f:id:sakamotwin:20161102204246j:image

隣に水をかけると浮かび上がる龍がありこちらにも並んでお参りしました。

赤い模様が目のようで不思議な石でした。

 

社務所で引換券を渡し白い「氣守」をうけます。(2,000円)
f:id:sakamotwin:20161102204401j:image

他の色の氣守は1,000円でいつでも手に入ります。

 


f:id:sakamotwin:20161102204551j:image

こんな桐箱に入っていて、中を開けると「し、白無垢だ!」と言ってしまうほどの清らかさでした。

古くから『白』は太陽の光の色と言われ、神聖な色・純潔の色とされ『穢れ(けがれ)』を忌む祭儀に用いる装束にも使われています。

また、『白』は再生を意味する色でもあり、新しいスタートの色でもあります。

月初めの朔日(ついたち)にのみ、お祓い・祈念の上配布いたします『氣守』を身につけ、三峯山の霊気・神気により活力のある日々をお送りください

とのことでした。

 

そして御神木から氣をいただき身につけるのだそう。


f:id:sakamotwin:20161102205250j:image

御神木に並ぶのが一番の行列でした。


f:id:sakamotwin:20161102205341j:image

 

 参拝後に奥にある小教院という喫茶室でコーヒーをいただきます。


三峯神社 小教院 (ミツミネジンジャ ショウキョウイン) - 秩父市その他/喫茶店 [食べログ]

f:id:sakamotwin:20161102205355j:image

三峯神社の岩清水(神の水)で入れたコーヒーと
f:id:sakamotwin:20161102205657j:image

コーヒーゼリー。

 

雑味がなくさっぱりとしていておいしかったです。

 

 
f:id:sakamotwin:20161102210455j:image

日が落ちるのも早くなりました。

のんびりする間もなく最終バスの時間です!16時35分発の駅行きバスは激混み。

乗り切れずもう1台バスが向かっているとのことでしたが、あと40分ほどかかるとのことでぎゅうぎゅう詰めのバスに乗りました。

 

帰りの山道は割とスムーズでしたが、秩父湖の交互通行のところで結構渋滞し、三峰口駅まで1時間ちょいかかりました。

行きよりはましか。。

 

ぎゅうぎゅう詰めでいつつくか分からないバス。

さっき飲んだコーヒー、トイレ大丈夫かなという不安に押しつぶされそうな1時間でした。

 

三峰口駅についた時無事であることにたいそうほっとしました。

 

電車の長旅になるのでトイレに行くと電気が消えていて、電気のスイッチもなく誰もおらず外からの街灯の薄暗い光のみ。

 

電気、つかないか。

個室のドア閉めたら真っ暗だな、終わりだな、

と思ったねねはドアをしめることをやめて入りました。

 

これも氣をもらったからできたメンタルの強さ故でしょう。

 

誰も来なくて本当に良かったです。

 

そして帰路につくのですが、三峰口からねね宅まで2時間半。

帰路だけで4時間近くかかりました。

 

うそ、埼玉トゥー埼玉だよね?秘境すぎるよ。

新幹線なら大阪、はたまた北海道まで行けちゃう笑

 

11月は紅葉の時期も重なりより混むのだとか。

1日の「氣守」をもらいに行くならどれだけ時間がかかってもいい、という覚悟は必要であることを声を大にして言いたいねねでした。

 

今日のまとめ

  • 三峯神社の白い「氣守」は1日のみの授与
  • 神社内の混雑はさほどでもないが、とにかくアクセスの悪いところにあるので渋滞にハマると地獄
  • 渋滞にはまったとき、乗り捨て出来ないので自家用車よりは公共交通機関の方がベター
  • バイクで来ている人はあんまり多くなかった
  • そうして手に入れた白い「氣守」は美しかった

 

以前川越氷川神社に縁結び玉をもらいに行ったけどまだ結婚できないだな、実は。


その現実を客観視しているさかもツイン
めめに「あんたそういう限定配布みたいなのもらっても結婚できないじゃん」とディすられぐうの音も出ないけど絶対結果出ると信じるしかないねねでした。