読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここから先は私のペースで失礼いたします

さかもツインの健康で文化的なようでそうでもない生活をお送りいたします

ねねと花見に行った話

こんばんは。めめです。

 

今日はねねに花見に連れて行ってもらいました。


f:id:sakamotwin:20170404223603j:image

※花粉で顔が痒くなりゴシゴシするねね。

 

 

さいたまのとある公園に行きど田舎かよっとツッコミたくなる看板を眺めながら花見スポットをお散歩しました。


f:id:sakamotwin:20170404223815j:image

※ご存じさいたまのマスコット、コバトンです。

 

 

桜は満開のところや五分咲き程度のところもありました。
f:id:sakamotwin:20170404224014j:image


f:id:sakamotwin:20170404224055j:image

花はええよなぁ

 


f:id:sakamotwin:20170404224404j:image

 


f:id:sakamotwin:20170404224427j:image

これこれー女子が好きなやつな。

 

てくてく散歩して行くとねねは地面を見て歩かないので犬のウンコを踏んで、

水溜まりにダイブするチョンボをしていました。

横で冷たい視線を投げ掛けたら

しってんなら教えろこの糞!

とめめは怒られましたが地面を見ないで歩くねねが100%悪いので気にしていません。

 

そんな注意欠陥なねねですが

 
f:id:sakamotwin:20170404225147j:image

道端でセリを見つけていました。

 


f:id:sakamotwin:20170404225304j:image

セリを摘んで喜ぶねねをみておばちゃんeyeはすごいなと思うしかありません。



f:id:sakamotwin:20170404225520j:image

だってこんな雑草に紛れているんだよ!

 

ねねはスーパーセリzoneと言いとても喜んでいました。

 

セリを持っていたら70歳位のマダムに『セリあったぁー?』とセリコミュニケーション。

ねねは本当にババアだなぁと思いました。

 

セリの見分け方を聞いてみたら、

えー、セリを沢山みて感じる事かな

とウルトラざっくりした解答しか来ませんでした。

 

ババア、すげーな。と思わずにはいられない1日でした。