読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここから先は私のペースで失礼いたします

さかもツインの健康で文化的なようでそうでもない生活をお送りいたします

ミャンめし。

こんばんは。めめです。

 

東南アジアめし。

タイならトムヤムクン

ベトナムならフォー

シンガポールならラクサなどぱっと思い浮かぶけど。

 

ミャンマーごはん。ぱっと思い浮かばない。行ったことのない国だからなおさら思い浮かばない。

 

主食は米でカレーを食べてモヒンガーと言う麺料理が有名。

 

ミャンマーレストランが東京にはあまりない、レアジャンル。

 

どこで食べれる?

 

リトルヤンゴンと呼ばれる高田馬場に行けば何件かあります。

今回はミンガラバーへ行ってきました。

ミンガラバー

食べログミンガラバー

 

駅から少し歩き謎のビルの3階、ミャンマービールのポスターがあるので迷うことはないでしょう。
f:id:sakamotwin:20170501222144j:image

 

ミャンマー料理の中でメジャーなモヒンガーを頼もうかなとメニューをめくるとチェーオピョウと言う謎メニューが目に止まったのでそれに即決。
f:id:sakamotwin:20170501222553j:image

同時に謎デザート、カウニィンも頼みました。
f:id:sakamotwin:20170501223149j:image

 

店内は18時30分にはちょくちょく人が入ってきていたので人気なんだなぁと思いつつ待っていたら

 
f:id:sakamotwin:20170501223330j:image

麺来ました。

 

 
f:id:sakamotwin:20170501223615j:image

細麺と


f:id:sakamotwin:20170501223646j:image

太麺が一緒のどんぶりに入っているぅーなんてラブリーなんだい?

 

細麺は汁の旨味を感じられ

太麺は麺のもにもにを楽しめる1度に2度美味しい神料理

 これ考えたミャンマー人リスペクトだね。

 

ワォ!なんてこったいこりゃうまいと完食しました。

 

汁はほっとする味わいで辛かったり酸っぱかったりしていません。

 

デザートは暖かいご飯にココナッツミルクが合わさった味。東南アジアーとなるデザートでした。
f:id:sakamotwin:20170501223934j:image

 

どちらもサーロー カウンデー(ミャンマー語で美味しい)でした。

 

ひとりだったので色んなメニューが試せないのが残念。

 

タイ料理のように辛くない染み渡る味わいのミャンマー料理、今度はねねと行こうと思っためめでした。