ここから先は私のペースで失礼いたします

さかもツインの健康で文化的なようでそうでもない生活をお送りいたします

旅荘和歌水 ぼたん に潜入

こんなに強烈な空間は他にはないだろう。私は呆気にとられた。感情が燃え尽きてさらさらと灰になった気分だ。噎せかえるような昭和の世界を目の前に声すら出すこともできない。圧倒的敗北だった。

 

その強烈な空間は旅荘和歌水という。

吉祥寺の井の頭公園のすぐそばにあるラブホテルというには足りない、連れ込み宿と言った方が良いだろう。どこか廃墟のようなおどろおどろしい旅荘である。

昭和レトロな空間が好きで最近は暇さえあれば昭和レトロ ラブホ で検索をかけているのだが、昨日たまたま旅荘和歌水の存在を知りこれは行くしかないと思った。けっこう古めかしそうな画像を見て心はすっかり萎縮していた。井の頭公園のベンチで勇気を振り絞って行くしかない、と己を奮い立たせた。梅雨の晴れ間は爽やかだった。
f:id:sakamotwin:20190611203729j:image

場所はすぐにわかった。以前近くにあるカフェに来たことがありここは何度か通っていたのだが旅荘があることなど気付きもしなかった。世の中見えていないものが多くて驚く。
f:id:sakamotwin:20190611204048j:image

f:id:sakamotwin:20190611210427j:image

年季を感じさせる構え。思わず怯んでしまい帰りたくなってしまった。だけどここまで来たら入るしかない。

f:id:sakamotwin:20190611210836j:image

休憩で入ろう。

 

中へ入ると60代以上のご婦人が出てくる。

「休憩で入れますか?」と聞くと、「ひとり?」「どの部屋がいい?」と聞かれる。

「写真を撮りにきたので特徴のある部屋があれば」と言うと「うちは全部違う造りの部屋だからね。好みがあるしどの部屋がいいとは言えないけど、そしたら3階の部屋でもいい?」と言うのでそれでお願いした。

休憩だと2階は4,500円、3階は5,000円らしい。

玄関のような小上がりを靴を脱いで上がりスリッパに履き替える。3階の部屋まで案内してもらい部屋の電気をつけてもらう。帰りはフロントに電話してとのことでご婦人は退室した。

 

…さてと。

このおどろおどろしい部屋をどうしましょうかね。見て、この部屋。

f:id:sakamotwin:20190611213759j:image

はい。これね。

全体的に飴色と朱色の混ざった妖艶な空間。

f:id:sakamotwin:20190611213833j:image

このカーテン、好きかも。ベッドルームだけ特別な空間にしている。

 

ベッドから見る部屋。リビングと言うのだろうか。
f:id:sakamotwin:20190611213914j:image

f:id:sakamotwin:20190611214052j:image

籐の椅子がいい。

 

というかね、スリッパに紙が挟まってるんです。怖い。何かの儀式みたい。それでいて歩きにくいんだ。衛生面に留意したのかもしれないけどいい感情で受け入れることはできなかった。
f:id:sakamotwin:20190611214130j:image

 

壁のライトは朧気で
f:id:sakamotwin:20190611215838j:image

メインのライトは電球が切れている。
f:id:sakamotwin:20190611215909j:image

こういう場所の寿命を見せつけられるようだ。そこがいいのだけど。

 

収納扉にはタオルとガウンがある。
f:id:sakamotwin:20190611220103j:image

f:id:sakamotwin:20190611220211j:image

和歌水と書かれたタオルが昭和くさい。


f:id:sakamotwin:20190611222157j:image

これは壁紙。凹凸のある模様が昭和のゴージャスさを醸し出す。

 

この部屋でこれだけ平成だった、ファブリーズ。あとは全部本物の昭和。
f:id:sakamotwin:20190611220308j:image

 

 

ベッドルームは圧巻。
f:id:sakamotwin:20190611220401j:image

鏡の曲線美。
f:id:sakamotwin:20190611220426j:image

枕は2個じゃない、ロング枕なのだ。被布がペラペラでゾッとした。
f:id:sakamotwin:20190611220458j:image

ライトははだか電球。
f:id:sakamotwin:20190611220603j:image

壁が一面こういう毛羽だったやつでふかふかしている。天井までこれ。火事になったらよく燃えそう。
f:id:sakamotwin:20190611220634j:image

 

壁の謎の絵画。
f:id:sakamotwin:20190611220733j:image

壁の謎の扉。

f:id:sakamotwin:20190611220802j:image

開けたら…

f:id:sakamotwin:20190611220832j:image

窓だった。近隣住居への配慮で窓を開けないでと言われているので開けないが、閉所恐怖症の私からしてみれば毛の壁と赤絨毯、籠った空気が重苦しく辛いものがある。

 

あとこの椅子。
f:id:sakamotwin:20190611221043j:image

こわっ!!!泣いちゃうよこんなん出てきたら。

f:id:sakamotwin:20190611221118j:image

気迫が違う。こんな恐ろしい椅子は見たことがない。古いものが怖いという感覚の元凶はこれだ。

f:id:sakamotwin:20190611221250j:image

もう怖いからパーテーションで封じとこう。

 

さて、水回りはどんな感じだろう。f:id:sakamotwin:20190611221334j:image

さっぱりとしていて清潔感はある。
f:id:sakamotwin:20190611221408j:image 

円形の鏡がかわいらしい。

f:id:sakamotwin:20190611221436j:image

トイレのドアがゴーストタウンのバーのバインバインドアでまた怯む。
f:id:sakamotwin:20190611221511j:image

普通の洋式トイレで安心。
f:id:sakamotwin:20190611221555j:image

トイレットペーパーホルダーが斜めについているのもご愛敬。
f:id:sakamotwin:20190611221617j:image

 

浴室はちょっと独特な臭いがする。

f:id:sakamotwin:20190611221652j:image

不思議なバスタブの形。1人用なのかな。
f:id:sakamotwin:20190611221744j:image

出た、昭和洗面器!
f:id:sakamotwin:20190611221816j:image

出た!かわいらしい浴室タイル!

f:id:sakamotwin:20190611221839j:image

完全に昭和だった。

 

ベッドルームとバスルームの壁。きっとガラス張りか何かだったのだろう。目隠しをされているがガラス張りだったらそれはそれでよかったのにな。
f:id:sakamotwin:20190611222615j:image

 

このままここにいてもいいかもしれないが閉所での活動限界タイムが来たので帰ることにした。フロントへ電話すると「わざわざ電話してくれたのね」と言われる。

f:id:sakamotwin:20190611222737j:image

私がいた部屋はぼたんと言うのか。花の名前の部屋というのは乙女心をくすぐる。
f:id:sakamotwin:20190611222905j:image

1階へ降りるとご婦人が裏口を案内してくれた。私の靴を裏口に用意してくれていた。

「写真は撮れた?」と聞かれたので「たくさん撮れました。見たこともない部屋を見られて楽しかったです。」と伝えると嬉しそうにしていた。「その写真はどうするの?本でも出すの?」と聞かれたので「Instagramに上げます。若い人、写真撮りにきませんか?」と聞くと来ないとのこと。アベックと女性同士のお客さんがほとんどらしい。

 

ここまでどっぷり昭和に浸った空間は貴重だ。気になる方はぜひ行かれてみては?

帰り際「他のお部屋もあるからまた写真撮りに来てね」と言われたのでまた行こうと思う。帰り道は空気に呑まれて心がすっかり無になったしまった。行くときは少しだけ強い心を持っていった方がいいと思う。