ここから先は私のペースで失礼いたします

さかもツインの健康で文化的なようでそうでもない生活をお送りいたします

昭和レトロな金物を買いに

関東に住んでいると昔ながらの金物屋に出会うことがなく昭和レトロな食器や金物がほしいなと思ってもなかなか出会えない。骨董市に行ってレトロな物を探す日々である。

 

ある日Twitterでレトロなホーロー鍋やポットが売っているお店があると知りこれは行くしかないと大垣に向かった。

https://twitter.com/zakkaokusama/status/1154152181303369729?t=msDOyoVSuG6nBVrqhI55sg&s=19

 

大垣駅から徒歩3分ほど、西濃金物店


f:id:sakamotwin:20211118192540j:image

ひっそりとしており入るのにちょっとだけ不安になったけど扉が開いたのでこんにちはと入店。

お店のなかはめくるめくワンダーランド、まるまる昭和でした。アルミのお弁当箱やガラス食器、もう全部ほしくなるようなそんなレトロ。時間が止まっているかのよう。

 

店員さんにホーロー鍋はIHもいけるかと聞いたところいけるとのことで購入。
f:id:sakamotwin:20211118192742j:image

この柄!昭和レトロ!最高‼️

f:id:sakamotwin:20211118192823j:image

ふたまで花!本当にかわいい!大興奮です。

タイガー製なのでかなり頑丈なつくりでホーローのふちにコーティングがしてあるので欠けにくくいい品だよ、とお墨付きを頂く。

 

魔法瓶も素敵な柄のものが多く欲しい人はぜひ買いに行ってほしいところ。

 

たつきのプラスチック容器。

f:id:sakamotwin:20211118193105j:image

飴でも入れときたいかわいさ!

 

他にも鍋敷きや巾着を購入。財布の紐はもう壊れた。

f:id:sakamotwin:20211118193350j:image

デカイたらいも憧れますわ~。欲しかったけど持って帰れないので断念。

 

大垣は至るところで水が湧いていて歩いていてとても楽しいし気分がいい。

f:id:sakamotwin:20211118193429j:image

水はなめらかで心地のいい冷たさ。
f:id:sakamotwin:20211118193514j:image

 

西濃金物店から徒歩5分ほど。今度はナンデモヤさんへ。
f:id:sakamotwin:20211118193603j:image


ナンデモヤ吉位栄七商店

こちらも昭和レトロな雑貨が取り揃えてある。

多分食堂でソースとか入れてるピッチャーかな。

f:id:sakamotwin:20211118193711j:image

さくらんぼ柄がかわいい。

耐熱70℃までなので夏に水出しコーヒーやお茶を作るのに使うつもり。プラスチック製だが劣化などもなくピカピカの新品。

 

ガラスの器。
f:id:sakamotwin:20211118193940j:image

もうこれ1,000円なんだもん。嬉しくなっちゃう!


f:id:sakamotwin:20211118194015j:image

フルーツ用にします。たまにはこんな気分が上がるような食器を使った方がいい。最高の気分よ。

 

 

そしてここ。ここが1番印象的でした。

城東金物神保商店。

https://www.mapion.co.jp/smp/phonebook/M02031/21202/22130052852/
f:id:sakamotwin:20211118194103j:image

見た目から最高でしょ。
f:id:sakamotwin:20211118194321j:image

 

こんにちはと入ると奥からご婦人が出て来てお店のなかを1時間くらい説明してくれた。


f:id:sakamotwin:20211118194439j:image

看板猫ちゃんが最高にかわいい。聞けば野良猫で表の通りを渡ろうとして危なかったからそのまま保護して飼い始めたとのこと。
f:id:sakamotwin:20211118194428j:image

お店の前をうろちょろして人懐っこくてかわいい。
f:id:sakamotwin:20211118194410j:image

元はお兄さんお姉さんと3人でやっていたけど2人亡くなり今は1人でやっているとのこと。
f:id:sakamotwin:20211118194626j:image

たくさん古いものがあり今の若い人はびっくりするでしょうと嬉しそうに話していた。お姉さんが仕入れてきたものがたくさんあり「私もわからないものがあってね、天国に電話があればすぐ聞けるんだけどね」と笑っていたのが少し寂しくてでも故人を思う優しさがあって一緒に笑った。そうだよな、天国に電話ほしいよな、と一緒に思った。

 

レジ横には大きな金魚。縁日の金魚がここまで大きくなったらしい。昭和の人って金魚でかくするの得意よね。拳くらいのでかい金魚。f:id:sakamotwin:20211118194942j:image

 

 

これは新潟の燕で作ってるスプーンだから口当たりがよくていいものよ、とおすすめされたので購入。形がとてもいい。
f:id:sakamotwin:20211118195042j:image

たつきの湯のみ。お姉さんが仕入れてきたものらしい。
f:id:sakamotwin:20211118195127j:image

夏の枕元にひとつあれば安心。
f:id:sakamotwin:20211118195201j:image

アルミのお弁当箱。
f:id:sakamotwin:20211118195236j:image

アルミのお弁当箱はプラスチックと違って蒸れないからごはんがおいしいのよ、とのこと。

これにごはん詰めてお弁当として持っていくのが今の目標。

 

話していると懐かしくて暖かくて本当に居心地がよかった。土佐犬の繋ぎ紐や調味料入れ、めがね、知らない昭和の物の話を聞かせてもらえたくさんすごいですねと驚いて笑った。帰りには手をぶんぶんふって送り出してくれてまた会いに来たいと思う場所だった。

 

 

ここの通りはレトロが並ぶけどシャッターが閉まっている店も多くあり昭和の灯火は消えつつあるんだなと思った。
f:id:sakamotwin:20211118195613j:image

 

大垣城のほうまで行くとレトロな建物が並んでいる。

f:id:sakamotwin:20211118195755j:image

f:id:sakamotwin:20211118195834j:image


f:id:sakamotwin:20211118195852j:image

f:id:sakamotwin:20211118195928j:image

f:id:sakamotwin:20211118195912j:image

こんな街並みがいったいあとどれくらい残っているのだろう。行ってみなければわからない世界というのはおもしろい。昭和が好きな人はきっと好きになる街、大垣。

 

2021年11月訪問