ここから先は私のペースで失礼いたします

さかもツインの健康で文化的なようでそうでもない生活をお送りいたします

ホテルファンタジア12号室に潜入

美しい貝殻のベッドで人魚姫のように眠りたい、そんな乙女心を叶えてくれるホテル、名をファンタジアという。

 

熱海駅湯河原駅の間の海沿いの国道を行くと真白いお城のような外観の建物が見えてくる。


f:id:sakamotwin:20211016194309j:image


f:id:sakamotwin:20211016194218j:image

人魚姫のお部屋は12号室。


f:id:sakamotwin:20211016194250j:image

乙女心をくすぐると聞いてやってきました。
f:id:sakamotwin:20211016194329j:image

おじゃまします。
f:id:sakamotwin:20211016194427j:image
入室すると部屋に電話がかかってきてホテルの人が料金の徴収にやってきます。この小窓でお支払を。
f:id:sakamotwin:20211016194448j:image

1階は駐車場、2階がお部屋というガレージタイプのホテル。

階段を登る。迷路のようなわくわくさを感じながら。

f:id:sakamotwin:20211016194355j:image
憧れのあのベッドはどこにあるだろう。
f:id:sakamotwin:20211016194615j:image
あ!
f:id:sakamotwin:20211016194826j:image
わ。
f:id:sakamotwin:20211016194842j:image
すてき。
f:id:sakamotwin:20211016194857j:image
夢のようにかわいくて乙女の憧れを形にしてあるベッドだ。

ベッドへッドにある丸い真珠は
f:id:sakamotwin:20211016194945j:image

ライトでした。
f:id:sakamotwin:20211016195011j:image

海の中の舞踏会が始まりそう。
f:id:sakamotwin:20211016195036j:image

今夜は誰と踊ろうか。
f:id:sakamotwin:20211016195244j:image

オーロラ色の輝く壁が光をより美しく見せてくれる。朝も夜もここで踊っていたらいいじゃない。

f:id:sakamotwin:20211016195320j:image

ソファに腰かけてソーダ水でも飲んで。
f:id:sakamotwin:20211016195431j:image

この部屋にタバコは似合わないけどマッチは似合うのよ。
f:id:sakamotwin:20211016195513j:image

寒くなったら毛布もあるわ。
f:id:sakamotwin:20211016195559j:image

乙女心をわかっているからタオルはやっぱりピンクよね。
f:id:sakamotwin:20211016195622j:image

 

夢だけじゃ生きていけないから文明もね。冷蔵庫とポットがあればだいたいなんとかなる。

f:id:sakamotwin:20211016195705j:image

ちょっと懐かしの洗面ユニット。

f:id:sakamotwin:20211016195823j:image

安心のお手洗い。
f:id:sakamotwin:20211016195855j:image

 

ここにはもうひとつ乙女の夢を叶えてくれる場所がある。

f:id:sakamotwin:20211016195917j:image

人魚姫の壁の向こう側の浴室は…

f:id:sakamotwin:20211016200006j:image

特注だという貝殻のバスタブ。なんて美しいの!f:id:sakamotwin:20211016200043j:image

泡風呂にして身を沈めればどんな未来が見えてくるかしら。
f:id:sakamotwin:20211016200058j:image

泡になる結末は悲しいから変えたいわ。

 

 

幸せを祈ってくれているのだからきっと最愛の人と結ばれる。
f:id:sakamotwin:20211016200152j:image

人魚姫の到着をいつまでもここで待っていて。
f:id:sakamotwin:20211016200341j:image

 

2021年9月訪問

 

 

追記

ファンタジアという素敵なラブホがあると知ってはいたのですがなかなか足を運べずでした。

Twitterでフォローしているさかなさん https://twitter.com/hoteldayo_ahaha?t=TXCaO1seliNJUHcuTzRvPA&s=09

という方のファンタジア本を読んでこれは行かねばと意気込んでおりました。

 

お部屋の予約ができるということでホームページにある予約受付時間(11時~13時、19時~22時)に電話をかけるととても穏やかな口調のご婦人が予約の手配をしてくださりました。

休憩も宿泊も予約できます。休憩は宿泊のお客様を送り出したあと清掃が入るので13時以降でとのことでした。

どこから来るの?などと色々話し、特徴のあるこのホテルをとても大切にされている様子が伝わってきて心が温かくなったものです。

「ここへ来るお客さんはみんな孫みたいにかわいいのよ」と、ラブホテルの人とお客の関係ってなるべく関わらないというドライなところがありますがそういう気持ちで営業しているところもあるんだなと驚いてしまいました。もちろんいい意味でです。

昭和ラブホが好きで巡っている者にとって嬉し意味で一言でした。

部屋の案内帳の最後に『お二人の幸せをお祈りしております』とあり、幸せを祈ってくれるラブホって初めて見たなと感動したものです。優しくて懐かしくて暖かい素敵なホテルでした。

 

 

 

 

 
ホテル ファンタジア ~熱海の海を一望できる・ロマンチックな一時を演出します~

おならの幽霊

「…◆◎∵◎☆□§…」

何か聞こえてくる。何だろ…ぅうッッ!くさっ!くさい!

深夜2時半、あと4時間もすれば起きて仕事に行かねばならない。突然の異音と異臭に起こされ辺りを見回すとめめがなんだか怒っている。

 

「くさい!くさい!くさい!お前屁こいただろ!くさい~💢」

とのこと。

 

ねねは完全に寝ていたためわからないが多分おならをしていたらわかると思う。おならをするような腹調子ではないしこの匂いのパワーなら相当気合いを入れて排出しないと出てこないレベルだと思う。

 

 

「お前の屁だろ!窓開けろ~ッッ!」

と怒鳴られる。仕方なく窓は開ける。話によるとめめが寝る前スマホを見ていたら突然玉ねぎを腐らせたような匂いが漂ってきて騒いだそう。確かに人のおならは不快になる。騒ぐのも無理ない、無理ないがねねの布団の中は全然おならの気配がなくどちらかというと外から漂ってきた匂いである。

 

 

「お前起きてたんなら屁こいたかこいてないかわかるだろ~ッッ!お前だろお前~ッッ!」

ねねはそう言った。おならが臭すぎて気が狂い始める。半狂乱になりケタケタと笑い始めた。

めめもケタケタと笑い始める。もう意味がわからない。

くさすぎてLINEをしてくる始末である。
f:id:sakamotwin:20211011212953j:image

 

「じゃあ誰の屁だよ、おならの幽霊かよ!」

と言ったところでひぃひぃ笑いが止まらない。部屋は窓を開けてもずっとくさい。

めめが作った玉ねぎ入りのカレーのせいだと思われる。

「玉ねぎを入れたカレーを作るな!」

「わしゃカレー食っとらん!」

と喧嘩する騒動に発展した。

 

深夜にけたたましく響くさかもツインの罵り合い、狂乱の笑い声。感情が決壊している。一部始終を録音したので文字起こしする。

 

め「いやすご、くさ…水槽かな…」

め「おねいちゃん下痢漏らしただろ」

ね「(下痢は漏らしていない)」

ね「お前だろ」

ね「お前ずっと起きてたんたろ、知ってんだろ」

ね「おれじゃない~人のせいにしないでよ」

め「これはひどい

ね「おれじゃない」

め「何だったのあれ」

ね「お前だろ~!」

め「え、なに?おならの幽霊?」

ねね、めめ「あひーーーきゃーーいひひひひひ、ひーーー(爆笑)」

ね「ひどい」

ね「ねねじゃないよ」

め「ねよ 寝るから」

ね「ねねじゃないよ」

め「ねねでしょ」

ね「仕事だから~もう寝かせて~」

 

 

爆笑しているうちににおいは消えおならの幽霊などいるはずもないが匂いの主を特定できない、特定したとしてもくさい思いをした事実は変えられない、くさい匂いはそのうち消える、仕方ないということで事件は迷宮入りした、かのように思われた。

 

翌朝起床時、「ねぇあれなんだったの」とめめを問い詰めると「ぷぴ、くらいはしたけどあの致死量の匂いは出るはずがない」

 

 

めめじゃん!めめの屁じゃん!おならの幽霊はいない。幽霊よりも怖いのは生きている人間。もう一度言う。おならの幽霊はいない。さかもツインは今後玉ねぎ食を禁じることにする。うん、これで平和的解決。

人も猫も怖い思いをした。

昨日の地震には驚いた。怖い思いをした人も多くいるだろう。皆さまの無事をそっと願っております。

 

我々さかもツインは涼しくなったし久しぶりに銭湯行こう!と張り切っていてJRで行く銭湯が21時までと知り断念、私鉄で行きつけの銭湯に行くことにした。

 

塩サウナでお互いの背中に塩を塗り「サウナ最高~水風呂気持ちいい~」とご機嫌になりそろそろ帰ろうかとしたところでのあの地震である。ねねは頭を洗っていてめめはサウナで最後の一暖まりをしていた。

 

最初ぐわんと揺れ「あ、揺れたかな」と思っているとゆっさゆっさと風呂椅子に座っていても揺すられるくらい大きな揺れだった。

銭湯にいた他のお客さんもざわつき、めめも「揺れてる!」とサウナからあわてて出てきた。

様子を見ているうちにぐわんぐわんと揺れは大きくなり浴槽のお湯が踊り狂うかのように激しくこぼれている。ちょっとした川のようにこぼれた湯がジャバジャバと流れていった。

見たことない光景に「うわ~ッッ!お湯がッッ!」と目をとられていると他のお客さんが顔色を変えて風呂から出ていきまた他のお客さんはテレビで震度いくつか確認していた。

 

めめと「ゆんちゃん(愛猫ゆんゆん丸のこと)大丈夫だろうか…」と不安を口にする。

とりあえずねねはこの頭を湯で流し体を洗っていそいそと出支度を始めた。揺れは収まったがぐわんぐわんした感覚が残り揺れてるのか揺れていないのかわからない。滑らないように慎重に歩き脱衣場へ行く。

 

電話している人の話が聞こえてきて「大丈夫?家めちゃくちゃ?あ~」みたいな話だ。うちは大丈夫だろうか。普段ゆんゆん丸がいるところは積み重ねるものは置かないようにしているが、今どこにいるかわからないし倒れてきたものの下敷きになっていないか、どこか怪我していないか、最悪死んでしまってないかと不安が一気に押し寄せる。頭にぐったりして横たわるゆんゆん丸の想像が次々とわいてきて怖い。

 

着替えを済ませ番台さんと「余震気をつけて」と声を掛け合い帰り道を早足で歩く。ゆんちゃん!ゆんちゃん!ゆんちゃん~!

 

帰りの電車は案の定遅れていたが10分ほど待ったところで無事に乗れた。最寄り駅から歩くのが遅いめめを置いて早足で帰る。

 

ゆんちゃん!ゆんちゃん!ゆんちゃん!無事でいてくれぇ!

 

玄関のドアを開けると家はしんとしている。特に散らかった様子もない。廊下を進むと声の出ないゆんゆん丸がよろよろと歩いてきた。

 

「ゆんちゃん!無事か!ごめんねごめんね怖かったね!あ~ゆんちゃん!」とこちらも相当取り乱した。

家の中を見回すと特に倒れたりしたものもなくいつもの家で、お昼寝マットの上に水滴が4つ垂れていたのでおしっこかよだれかだとは思うが多分ここにいて揺れて怖い思いをしたのだろうというのはわかった。ゆんゆん丸が無事でよかったが相当怯えて肩をすくめて歩いているのを見ると、ひとりぼっちにさせてしまったことを猛省した。

 

少ししてめめも帰宅し、ゆんゆん丸も弱々しく鳴き始めた。大好きなちゅーるをあげても少ししか食べられず落ち着きなくそわそわしていた。撫でようとしても「怖い!触らないで!」モードで様子を伺うことしかできない。遠くで救急車のサイレンが大きく聞こえる。今夜は静かな夜であってくれと願うしかなかった。

「ニンゲンがそわそわしてたらゆんちゃんも落ち着かないからしっかりしろ」とめめに言われてその通りだなと思った。

 

ありがたいことに余震はなく、家の中を一通りパトロールして無事を確認し人の姿があるから少しはほっとしたのか夜は静かにしていた。


f:id:sakamotwin:20211008175246j:image

腰が引けてるゆんゆん丸。

 

 

今日になり食事もしっかりとれおもちゃ遊びもして午後はぐっすり昼寝をしている。


f:id:sakamotwin:20211008175306j:image

キャットタワーに登るゆんゆん丸。

 

 

うちはねねが昼、めめが夜の仕事パターンなので大抵家に誰かいるようにはなっているが、どうしてもいない時間もあるので何かあったときの不安というのは半端ない。先日2人で10時間ほど家を空け(ゆんゆん丸の食事はきちんとあげていった)帰ってきたら寂しそうに掠れた声で鳴いていたので申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

 

ゆんゆん丸と暮らし始めて大変だと思うことはほぼないが、具合が悪そうだったり有事のときは今までみたいな気楽さではいられないことを改めて感じた。命を預かる責任というのはやはり重い。

めめがいるからなんとか2人でゆんゆん丸を支えることができているが1人だったら飼えなかっただろうなと思う。出先で何かあったとき帰れなくなったら家から出られるわけもないゆんゆん丸はひとりどうこうなってしまうもんな。絶対生きて帰らなきゃといつ強い思いがある。

 

ゆんゆん丸も怖い思いをしたし我々も怖い思いをした。なんでもない日々が実はありがたいことだと気づくのはたいてい何かあったときだけである。使命というものがあるとしたら今はゆんゆん丸が心地いい生活ができるよう精一杯援助することだと思っている。

 

感じる

感じる!人間がジリジリ歩み寄ってるのを。

 

感じる!人間がソワソワどこかに行ったり何かを出したり「お湯」「アワ」となんか言ってるのを。

 

月に一度の爪切りの後の足洗いよ!

でもゆんは運動神経バツグンだから抱っこも逃げちゃう!
f:id:sakamotwin:20211005171756j:image

(人の背中でキリッとすなー☝️)

二人がかりで捕まえてゆんゆん丸の嫌なお湯かけられてもうやだ!

さんざんな目にあった!
f:id:sakamotwin:20211005171735j:image

冷たいのやだ
f:id:sakamotwin:20211005172158j:image

 

足綺麗になったね!
f:id:sakamotwin:20211005172219j:image

おめでとう。

寝坊

veryverycute家にいる猫、ゆんゆん丸!


f:id:sakamotwin:20210929174118j:image

 

朝はお腹が空いたり人間が恋しくなるとアォーンオーンワォーンと吠える。

4時、5時、6時と時間はまちまちだが薄ら明るくなる頃から人間がもそっと起きる頃まで不定期で吠える。

 

前日にたくさん遊んでいたので深夜0時に餌をあげていた。

なのでその日の朝はお腹が空かずに吠えることはなかった。

そういう時に限って仕事に行くねねはその日たまたま目覚ましをかけ忘れ朝の時間がとても静かだった。

 

 

 

 

「わあっ」

 

寝坊したねねが叫んでバタバタと支度をした。

猫も目覚ましも起こしてくれないから寝坊したねね。

ゆんゆん丸、いつも朝起こしてくれるのえらいぞ!と改めて思う。いつもありがとうゆんゆん丸。

ねこのげぼ

ねこがげぼした。

 

昼、ご飯をあげてその間に洗濯物を干そうとほんの数分外に出て戻って床を見たらねこのげぼがあった。ギャアと叫んだ。

 

うちのねこはげぼをあまりしない。4月に電車に揺られ家に来たときの夜、電車酔いや環境の変化かげぼをした一度きりしかげぼをしてない。

あ、げぼって言わない?げろとか吐瀉物とか言う?あぁそう。

 

今日はご飯を食べてすぐにリバースしてしまったようで本猫もなんだか落ち着かない。落ち着かなさすぎて普段登らない換気扇の上に登ってしまった。
f:id:sakamotwin:20210920233740j:image

猫草も食べた。
f:id:sakamotwin:20210920233801j:image

ぬくこい日向で寝た。
f:id:sakamotwin:20210920233821j:image

夜はご飯も食べた。

 

なんだったんだ?あのゲボは?

ねこは喋らないからちょっと心配よね。ねこ、病院つれてっちゃうよ?元気になぁれ!

めめちゃんがワクチンを打った

さかもツインは現在2人で暮らしている。ねね(姉)は5月にワクチン接種完了。このたびめめ(妹)も2度のワクチン接種を完了した。1度目のワクチン接種では副反応は腕の痛みと腫れ程度だったが、2度目のワクチン接種ではバリバリに発熱してキツかったようだ。

 


ワクチン接種完了 - ここから先は私のペースで失礼いたします

 

同居人として行ったワクチン接種後のフォローについて綴っていく。

 

 

①食料の調達

発熱時にささっと食べられるよう味噌汁や卵とじを作っておく。

→熱があっても食欲はまずまずあったようだが味の強いものを食べたいとのことでカップヌードルや菓子パンを食べていた。本人がワクチンを打った帰り道に買ってきていた(動けるうちに食料の調達をすべきなので)。

味噌汁や卵とじは結局ねねが食べた。

リンゴとなしをむいてあげたらモシャモシャ食べていた。人がむいた果物はうまい。というか具合悪いときにするする食べられる果物は救い。ビタミンや食物繊維も補給されるのでお手軽に食べられる果物は用意しておいた方がいい(バナナやみかんなど)

 

 

②様子見

体が痛くて眠れないらしい。1時間毎に寝室へのラウンドを行う。たいていTwitterをやっていた。

 

③声かけ

38度台でも寝すぎると眠れなくなる。体のだるさや痛さ、眠れなさで「寝れないよ~!」とのこと。

「寝れないなら…踊ろうよッッ!」と自作のダンスを踊ったら本当に迷惑そうにしていた。なんなら軽く怒られた。病人の前で自作のダンスはダメらしい。

 

 

④普通に家事

ゴミだしとかそういうの考えられないほど熱が出てるんだから普通に元気な人がやるべき。

 

 

⑤お土産

帰宅時何がほしいか確認したところアイスだったので買って帰る。でも土産よりも早く帰ってきて家のことやネコチャンの遊び相手になってくれるほうが助かるらしい。

f:id:sakamotwin:20210917152203j:image

 

 

こうしてみると特にたいしたことはしていない。お互い自分のことは自分でやる、家事は相手だよりにしないというスタンスでやっているので困っているときは助かるし困っていないときは困らないくらいの生活である。

 

同居人がいる場合はどちらかが具合悪くなっても生活が回るよう日頃からお互い様の気持ちでやっていれば困らないという発見があった。これから同居人がワクチンを打つというのであれば看病というよりも普段の生活が回るように家事をすることの方が大事である。

同居人がいない場合は自分だけが便りになってしまうので休む段取りや数日分の食料を買っておいてください。