ここから先は私のペースで失礼いたします

さかもツインの健康で文化的なようでそうでもない生活をお送りいたします

2024年旅初め

2023年があっという間に過ぎ去り色んな場所との出会いに想いを寄せながら2024年もいい年になりますように、とお正月を迎えた矢先の震災、飛行機事故。被災地域の方には心よりお見舞い申し上げます。 もうこれ以上の災いがありませんようにと祈るしかない年明…

ホテルニューアカオに潜入

2021年に休業したホテルニューアカオが2023年夏に再開するというニュースが目に入りとても喜ばしい気持ちになった。 閉業が決まりATAMI ART GRANTというアート展示を見に行った際、建物の壮大さと豪華さに心打たれ営業再開したら必ず宿泊しに行くと決めてい…

北欧の至宝に会いに行く

美しい俳優さんがこの世にはいる。 デンマーク出身の俳優さんで元ダンサー、アラ還。 映画やドラマで沢山活躍されていてドクター・ストレンジやカジノ・ロワイヤルで悪者を演じる姿は完璧な美!という姿だ。ドラマのハンニバルではレクター博士役で出演して…

グランドサロン十三に潜入

大阪十三には昭和の世界観をそのまま令和に持ってきたような素敵なキャバレーがある。 グランドサロン十三、大きな看板が目を引く建物である。 グランドサロン十三|大阪のキャバレー&貸会場。広さと昭和の雰囲気が特徴 店内の写真を見たときいつか行ってみ…

遺影を撮ってもらった

もうすぐで40歳になる。節目の年齢となるので何か記念になることをしたいなと思った。成人式は旅行に行き振り袖姿での写真は撮っていない。ならば成人式の2倍を生き抜いた記念と、今後も大きなライフイベントがないと思われる私の人生の集大成として遺影を撮…

ホテルOZ 209号室に潜入

雪国の昭和ラブホは独特の世界観を持っていると思っている。しんしんと終わりの見えない降雪から逃れてひとときの楽園である必要があるのではないか、そんなことを考えながら関東では26℃あった平日から一変最高気温が8℃の八戸から車を走らせていた。 向かう…

アルサロ ふうりゅうに潜入

昭和の贅を尽くしたゴージャスな世界観が好きだ。煌めくシャンデリア、深い色味の絨毯、飴色の光に照らされてどこかノスタルジックな気持ちになる空間に身を溶かして生きる糧を得ている。 キャバレーというものは行ったことがなかった。男性の行くお店という…

サンハトヤに潜入

伊東に行くならハトヤ、ハトヤに決めたのあのメロディが思い出されたらハトヤホテルに泊まりに行く時期だと思います。 今年の5月にハトヤホテルに宿泊し、とても良かったので姉妹店のサンハトヤも泊まりに行きたいと思っていたので伊東に再訪しました。 ハト…

赤いくつ 507号室に潜入

例えば1部屋自由にデザインしてときめく夜となるようラブホテルを作ってくださいと言われたらあなたはどんな部屋をつくりますか? 丸いベッド?レースのカーテン、淫靡なのかラグジュアリーなのか、色んな部屋ができると思います。その中で階段を上がりベッ…

めめ台湾に行く〜フィナーレ〜

ウェゴブティックホテルに宿泊の2日目の夜。 剣南路駅は栄えていてショッピングモール以外にもレストランやドラッグストア、コンビニがありとても便利だった。 ホテルから出てマッサージ屋さんに行くことにした。時間もあるし明日帰国だし、気軽にマッサージ…

めめ台湾に行くその5〜ラブホに泊まる〜

ムーランモーテルを出て今夜の宿泊施設へ。これまたラブホをエクスペディアで予約していた。 ハピホテにも載っている。 https://happyhotel.jp/camp/tw/sp_index.jsp https://www.tripadvisor.jp/Hotel_Review-g13808671-d3716547-Reviews-Wego_Boutique_Hot…

めめ台湾に行くその4〜ムーランモーテルへ〜

地下鉄に揺られブラウンラインの剣南路駅へ到着 駅前は横浜か?と思うくらい都会だった。 メイリーフアと言う台北唯一の観覧車のある大きなショッピングモールがある。丸亀製麺やユニクロ、無印良品、東急ハンズなどが入っていて日本人にも馴染みやすいモー…

めめ台湾に行くその3

9/17 台湾観光 ホテルのチェックアウトが12:00だったのでのんびりと起床。 前日にコンビニで買ったフルーツ。 アップルキウイグアバドラゴンフルーツ ホテルに冷蔵庫があったので冷たい状態でいただく。嬉しいね。 日本では滅多に食べれないグアバはもさパリ…

めめ台湾に行くその2

台湾に行くその2 9/16成田から台北へ キャセイパシフィック航空に搭乗。 久しぶりの飛行機って意外と狭いな。 でも座り心地は良くて首も楽だしリクライニングにしなくても十分快適に過ごせた。 チキンオワシーフードパスタ?と前方から聞こえてくる。 チキン…

めめ台湾に行くその1

久しぶりです。さかもツインの下の存在めめです。 シルバーウィークの3連休を使ってめめは台湾に行ってきました。とてもバタバタで嵐のように行ってきた台湾、とても良かったです。 記念にブログにしよう。 9/12(出発四日前) 台湾帰りの友人から台湾良かった…

ホテルエアポート フィジーに潜入

どこに行っても同じ部屋などないから何度行っても楽しい昭和ラブホ。 パスポートのいらない海外旅行なら巣鴨にあるエアポートにおまかせ。 世界の国々をモチーフにしたお部屋が出迎えてくれる。今回はフィジーに訪問。 フィジーのイメージができていないので…

赤いくつ 501号室に潜入

噂には見聞きしていたが実際にそれを見るのは初めてでそのときの気分の高揚はなかなかに言い表せない。 ホテル赤いくつ、501号室の2ベッド。部屋の定員は4名。特別室という名にふさわしい特別な空間である。 赤いくつ (アカイクツ)|宮城県 大崎市|ハッピー…

ホテルグリーンバスティーユに潜入

ラブホ遠征に行くとき1番不安なのはお目当ての部屋が空いているかということ。 移動の道中を『行きたい部屋が空いていますように』と祈りながら向かうのである。我々が好む昭和ラブホは基本的には新しいラブホよりもお客さんが少ない場所もある。比較的スム…

道にいた猫を拾った

【茶トラ白猫との出会い】 それは6月の中頃のこと。めめ(妹)より「ここらへんに茶トラ白の人懐っこくてかわいい野良猫がいる」と知らせを受けた。 かわいくてなでなでさせてくれる気立てのいい猫とのことで、どうしたんだろうね、迷子かな?と話していた。…

ファンタジア 16号室宇宙の恋に潜入

昭和ラブホのお部屋のテーマは様々あり、馬車やお城のような外観でお姫様気分にさせてくれる場所、回るベッドで非日常エンターテイメントを味わえる場所など様々あるのがおもしろい。 熱海のファンタジアは個性豊かなテーマのお部屋があり全部屋制覇したくな…

ホテル富貴206号室に潜入

好きな色はと聞かれたら真っ先にピンクと答えるほどピンクが好きで、鞄の中の持ち物全てをピンクにしていた時期もありました。気持ち悪いと言われてある程度加減するようになりましたが。 大阪京橋にあるホテル富貴さん。 http://www.hotelfuki.jp/room.html…

プラザホテル25号室に潜入

利便性から北千住に行くことがしばしばあるのだが、飲み屋が立ち並ぶ割にはラブホテルが少ない街だと思っている。 先日久しぶりに高校の同級生と飲みに行く機会があり、仕事帰りの病院の匂いとか持って行きたくないなという気持ちからラブホに寄ってひとっ風…

ハトヤホテルに潜入〜後編〜

ハトヤホテル宿泊記後編です。 前編はこちらから↓ ハトヤホテルに潜入〜前編〜 - ここから先は私のペースで失礼いたします 日が暮れ始め色の移ろいをじっと見つめていると夕食の時間。 シアター会場へ向かいます。 席に案内されるともう大体の食事は用意して…

ハンティングはやめられない

ガサゴソ。 スンスンスン ガサゴソ つきのハンティングはニンゲンが帰宅した時から始まる。ニンゲンが手を洗っている隙に何があるか観察する。嗅覚を研ぎ澄ませ食べ物があるかチェック。食べ物ならつきは食べるしそうじゃないものならつきの昼寝スポットに帰…

ハトヤホテルに潜入〜前編〜

伊東に行くならハトヤ、ハトヤに決めたという歌は昭和生れの関東民には聞き慣れたものだと思う。あのCMを見て育った私はハトヤホテルに行ってみたいと子ども心に思ったが、我が家の旅行と言えば『ペンション、民宿、登山』だったので一度も連れて行ってもら…

ファンタジア 大奥に潜入

昭和ラブホテルに求めるものはきっと人それぞれだとは思うけど私は『世界観』というものを求めている。 熱海にあるファンタジアというラブホは世界観が作り込まれていてどのお部屋も見応えがある。乙女心が震えるロマンチックな城だと思っている。 ホテル フ…

ペイフォワード

さかもゆんゆん丸とつきちゃん。 ふたりはねこ。 白猫のゆんゆん丸 斑猫のつき ひとつ屋根の下に暮らして9ヶ月。猫の共存は出来ているけども距離感はありべったり仲良しではない。仲良くならなくても良い、快適にさかも家で暮らして欲しいとさかもツインは常…

REDISY 回転ベッドのお部屋に潜入

ラブホのフロントパネルを見て部屋を選ぶ瞬間は、ドーナツ屋で一つだけドーナツを選ぶ時間にも似ている。一つだけしか選択できないという難題がいつも我々をときめかせながら苦しめる。 大阪京橋にあるホテルREDISY。スペースシャトルのお部屋があると伺いや…

ホテルグリーン シャンボールに潜入

関東の平凡な土地に住む者としては北海道というのは想像もつかない謎の土地であり、北海道の話を聞く度にどんなところだろうとワクワクするのである。 ラブホテル巡りを始めてからどうしてもここは行っておきたい、と思っていたホテルが名寄にあるホテルグリ…

ホテルプレジデント202号室に潜入

訪室して第一声が「スリッパ遠っ」だった。 こういうところが昭和ラブホのおもしろいところだと思っている。 ここは長野県にあるホテルプレジデント202号室。 ちょっとレトロなアーケードを抜けてラブホテルがあるとは思えない街並を歩き進めると現れるプレ…