ここから先は私のペースで失礼いたします

さかもツインの健康で文化的なようでそうでもない生活をお送りいたします

鼻くそほじりのプロフェッショナル

鼻をほじる。物心ついたときから、いやそれ以前から鼻をほじっていただろう。鼻をほじっていた記憶がないだけで34年間毎日鼻をほじっているはずだ。

鼻くそがあってもなくても鼻をほじる。すっきりするから。鼻くそが鼻の穴から出ていたらお前は笑うだろう?「こいつ鼻くそ出てるよ」とバカにするだろう?声に出す出さないは別として、鼻くそが出ていたらそいつを見くびるのが人間ってもんだ。そういう風にできているのだから仕方ない。

見くびられたくないから鼻くそをほじるし、鼻毛も抜く。空気が出入りするのだから当然汚れる。砂ぼこりのすごい日に茶色い鼻くそが出てきたら「今日ほこり凄かったもんな~」と思う。鼻くその色で今日を振り返る日があってもいいじゃないか。

そんなこんなで鼻をほじる。手でほじったりティッシュやコットンでほじったり。どうほじれば気持ちいいか知っている。

 

寝たきりの患者さんが「鼻がムズムズする」というので、湿らせた脱脂綿を鼻の穴にはフィットするように丸めて鼻の穴に入れくるくるとこよらせる。「あ~気持ちいい!」と言われた。そりゃそうでしょう。私もこれやると気持ちいいもの。鼻くそほじりのプロフェッショナルは「気持ちいいよね~」と笑った。気持ちいいということを知らなければ気持ちいいことを提供することはできない。看護師として働いてみて自分が気持ちいいと思えることをたくさん知ることは大切だと思っている。鼻くそほじりひとつにしたってそうだ。かゆいところに手が届く人になれるよう、かゆいところは知っておけ。

ほら、鼻くそほじりのプロフェッショナルが通るぜ、鼻がかゆいやつは言いな!任せてよ!その「気持ちいい」のために明日も働くぜ!

何かが憑いてる人

看護師さんのなかに『憑いてる人』がいる。その人に『何』が憑いてるかはわからない。私は幽霊が見えるわけではない。だけど「絶対何か憑いてますよね!?」と聞きたくなるようなことばかり起こるのだ。

 

どこの病棟にも『憑いてる人』はいると思う。『憑いている人』にも種類があって、

・急変にあたる人

・入院患者がたくさん来てしまう人

・転倒やチューブ類自己抜去等の患者由来のインシデント事案にあたる人

・ステルベンにあたる人

などなどがある。

 

ちなみに私は『憑いている人』ではない。比較的穏やかに業務が終わる人だ。たまにインシデント事案に当たる人になり1日でチューブ自己抜去が2回続いたときには「今日はもう終わったですわ…」とぼやいた。

 

入院にあたる人というのは本当にあたる。「あぁ、今日の夜勤○○さんか、じゃあ明日患者さん増えてるだろうね」と笑って帰ると次の日げっそりした○○さんが「昨日入院4人も来て休憩とれなかった」などと言う。

病棟や配置状況にもよるのでその現場で何人入院が来たら大変かというのは違いがあるが、だいたい伝説となって語り継がれる『○○さんの夜勤のときの入院□人』という記録は○○さんがまた更新していく。

私の友人は40床の病棟に一晩で10人以上入院が入ったと伝説の夜の話をしてくれた。この友人も間違いなく『憑いてる人』である。そういうときは「それはやばいからお祓い行った方がいいよ」と言う。こういうやりとりは病院内や看護師同士でよくある(と思っている)。

 

先日ステルベンにあたる人と一緒の勤務になったとき「本当にこの人は憑いてるな」と思った。もともと終末期病棟なのでステルベンがあるのはおかしなことではないが、『憑いてる人』のときにステルベンが重なることがある。これはその看護師が良からぬことをした、という話ではない。意味の受け取り方を間違えないでほしい。死はあらゆるできごとのひとつだ。患者さんが吐いた、便出た、ベッドから落ちた、チューブを抜いた、モニター引きちぎった、スタッフは起きた出来事に対応するだけ。ステルベンもそれと同じ。シビアさは違うけど我々がコントロールできることではないという話。なのになぜかよくステルベンにあたる人がいるという話。

 

ステルベンにあたる人の勤務がもう少しで終わるとき、モニターのアラームが鳴る。あぁ、やっぱり○○さん憑いてるなと心の中で思う。患者さんの終末期経過をある程度は予測していても今だとは思わなかったなのタイミングってある。あの人に憑いているのは何なんだろうか。

ひとつ言えるのは『憑いている人』はだいたい真面目で気立てが良くて穏やかな人である。ステルベンがあたる人については患者さんが「この人に看取ってもらいたい」と思っているのかもしれない。憑いているのではなく本当は『選ばれた人』なのだろう。

もしかして、憑いてる?

職場で「さかもさんちのお子さんはまだ小さいんでしょ?」「さかもさん夏休みどうするの?お子さんは?」と小さな子どもがいる前提で質問をされることがよくある。この夏は2回もされている。そこそこ長く同じ職場で働いてるけど子持ちの主婦だと思われていたようで驚く。

「いやいやいや、子どもどころか結婚すらしてないですよ!!!」と毎回大爆笑して答えると「え~っ!お子さんいるのかと思った!」と大変驚かれる。

34歳だし子どもがいてもおかしくない年齢だが、旦那の話も子どもの話もしてないだけど子どもがいるような雰囲気になってしまっているのだろうか。

 

それとも…憑いてるのか?子どもの霊が憑いてるのか?そうとしか考えられない。やだやだ、怖い❗私お母さんじゃないから!仮に私をお母さんと認定するつもりならお父さん連れてきてよ…家族になろうよ…婚姻届を出したらハッピーじゃない?あ、ハッピーじゃない、あ、すいません、そうだよね、憑かれてるもんね。憑かれた女と家族になるなら霊もカモナマイハウスになるもんね。お祓いしないといけなくなっちゃうからね。わかった。

 

子どもの霊を利用して家族になろうよ作戦は失敗しました、残念です。まぁ聞かれ慣れすぎてこの質問されるとおもしろくなっちゃうんで「お子さんおいくつ?」と聞いてくださればそれはそれはたいそううざい感じで「やだ~子どもどころか結婚すらしてないでふよ」と肩を叩きながら答えます。そしてそのあとひとりになって真顔で「あれ?私結婚すらしてなかったんだ…そっか…」と己の人生を振り返りそっと涙を流すでしょう。目から出るちょっとした塩分はお清めの塩として使えれば便利でいいですね。多分憑いてるとされる子どもも涙塩の成分が気持ち悪いから憑きたくないって言うでしょうね。これで結果オーライです。終わり。

お前誰だよ

は?


f:id:sakamotwin:20190819134757j:image

お前誰だよ!なんて色してんだよ!お前本当は緑だったろ?どうしちまったんだよ急に!なぁ、色変えたらどうにかなんのかよ!やめろよ!不良になってどうすんだよ、もとの緑に戻ってくれよ!なぁ、聞いてくれよ…聞かないのかよ!それなら…こうだよッッ(ここでおもむろに刃物を取り出す) 

 

 ザシュッ

 

ははっ、お前けっこう柔らかいのな。簡単に切れちまったよ。赤いの出てきたな…
f:id:sakamotwin:20190818213111j:image

これ甘いらしいな…食ってみっか。

 

チュル

 

ほんとだ、甘い。けど可食部少なっ。ほとんど種だよ。まわりにこびりついたチュルチュルしたところをチュルっと舐める程度だ。

 

お前なんなんだよ。誰なんだよ。フルーツのつもりなのかよ。どうやって食べるのが正解なんだよっっ!クソっ、教えてくれよ…

 

(明日から日常に戻るため錯乱状態のダイアル強となっております。ご了承下さい。ゴーヤはこのあとゴーヤチャンプルにしましたが、黄色いゴーヤ、めちゃくちゃ苦かったです。緑のゴーヤの方がうまい)

埼玉メルトダウン

昨日の深夜。自宅にねねが来ていた。書類仕事があり引き出しをガサゴソしていると

 

「とーきょータピオカランド?」

 

ガサゴソ

 

「とーきょータピオカランド?」

 

ガタっ

 

「とーきょータピオカランド?」

 

と言うやり取りをした。ねねは寝たまま東京タピオカランドに思いを寄せる事が可能な優秀な人間だ。俺は東京タピオカランドには行きたくないかもな。

 

 

書類仕事を済ませて郵便ポストに投函するため駅へ向かった。終電が終わり2時間ほど過ぎている。駅のタクシー乗り場におじさんがいた。

大きな声でタクシーを召還する魔法だろうか?何かを叫んでいた。おじさんはしばらくして来たタクシーに乗ってどこかに行く。

 

駅の広場にはおじさんが寝ていた。こんな暑い中良く寝れるな、それだけ酔っぱらってるのかなと思うと物陰にそのおじさんを見つめる小柄な三毛猫がいた。めめには気づいていない。おじさんを見つめている。

「ねこちゃん?」と呼び掛けるとピャーーーと逃げてしまった。遠くに批難した猫ちゃんはとっても美猫だった。全ての猫は可愛いけども毛がふっくらしていて綺麗な三毛模様、大きくてキラキラしたお目目は宝石みたいに輝いていた。

猫ちゃんかわいい。

 

寝ていたおじさんはいつか起きるだろう。蚊に刺されて悲惨になってそうだな。とポストに封筒を投函した。

帰り道、5人くらいの若者が道路で座って楽しそうに会話をしている。

金曜日、土曜日は休み。みんな弾けてるなとと思い家に帰りドアをあけ部屋に入ると「とーきょータピ…」とカースカース寝ているねねがいた。

今日も平和だ。

で、何で東京タピオカランド?

ポテトチップスはごちそう

自分で言うのもなんだが、ねね(姉)は食事に気を遣っている。オーガニック、ヴィーガン、というのではない。そこまできちきちに食事をコントロールしているわけではないけど、

・野菜や果物、肉類、穀物をバランスよく食べること

・2日に1度はなるべく自炊する

・お菓子はなるべく食べない、どうしても食べたいときは300キロカロリー以内におさめる(遊びに行った先では好きに食べる、ケーキは今日は特別、と決めたら食べる夜)

・ラーメンなど味の濃いやつは依存性があるので連続で食べない

・牛乳はコップ2/3で2時間後下痢をするためアイスやカフェオレなどを摂るときは気を付ける

・オリーブ油、チーズで猛烈に下痢をすることがあるので食べすぎに気を付ける

・揚げ物やチョコレートなど油分の多いものはほどほどに!吹き出物が出やすいから

 

主に下痢と吹き出物対策で食べ物を選んでいる節もある。だいたいこれを守っていれば体重の増減はほぼない。特別な運動や食事制限をしなくてもBMIは20をきっている。なのでこれからもこの調子で食事をコントロールしていくだろう。

 

お菓子は基本的には食べないスタンスなのだが飴やグミはカウントしない。なんかカウントしなくていい気がしているから、というだけ。厳密にやると心が追い詰められるのでなんとなく、できることを、というのがモットーだ。

 

1番避けている食べ物がポテトチップスで、油分、見境なく食べてしまうおいしさへの依存性が恐ろしい。やめられない止まらないかっ■え■■んという歌があるように、その止まらないが怖い。スマホを見ながら気付いたらボリボリ1袋開けていた、とかやばい。食べた量と向き合わないのはデブのもと。ボーッとしながら手と口を動かすのは非常に危険なのだ。スナック菓子の軽やかさと反比例するカロリー。地獄の沼のような菓子だ。大大大好きだけどねねの特定危険食物に指定している。この理論で言うとカップラーメンも同類。

 

久しぶりにポテトチップスを食べることになった。めめ(妹)とサウナに行き帰りに「塩分補給したくない?」という話になり「じゃあ、食べる?」と

f:id:sakamotwin:20190816231851j:image

ポテトチップスを買ってしまったのだ。

家まで我慢できる訳もなくコンビニを出て袋をすぐ開ける。2枚ほど極じゃがを掴みとるとむしゃむしゃばりばりと食いついてしまった。おいしい…なにこれ…どんなお高いお肉や刺身、大好きな寿司、餃子、今まで食べてきたものの概念を全部ポテトチップスがかっさらって最強の食べ物と言い張ってしまった。

カップラーメンでも同様のことがおこる。カップラーメンめちゃくちゃうまい、肉よりうまい、なにこれ、なにこれ~と言いながらもそもそ食べる。

 

これは危険。ほどほどにしないと、と思っても自制がきかない。え、このポテトチップスにふるってある塩、本当に塩?合法?というくらい依存性が強い。めめが「もうやめる」と言ったのでそこから2枚食べて終わりにした。小さなパックで油断すれば食べきってしまいそうだ。食べ過ぎには注意である。

気がつけば「多分今年食べたなかで1番おいしかったかも」と恍惚とした表情で喋っていた。

ねねにとってはカップラーメンとポテトチップスとチョコレートがごちそうなのである。幼少期に「添加物が!」とあまり食べさせてもらえなったのも影響しているだろう。親から離れ自分で好きなものをいくらでも食べられるようになったときって怖い。暴走しがち。

 

今ポテトチップスを食べたからか顎に吹き出物ができてます。即肌に影響するからやはし気を付けなければ。

 

さかもツインの奥義として「カロリーハーフ」というものがある。2人で半分こにしてカロリーハーフというものだ。これにはコツがありなるべく多く食べないよう「ほらめめちゃん食べなよ」と大きい方を譲るのだ。これでカロリーは半分以上カットできている。便利なシステムだ。今後も積極的にやってききたい。

 

 

 

きれいなお姉さんのひみつの美容法

 この暑さでサウナから足が遠のいていたがここ数日の暑さは少しはマシ、というレベルだったので久しぶりにサウナに行ってきた。 

いつもは平日の夜に行くので常連のおばちゃんが1人か2人しかいないのだが、お盆休みということもありサウナには2名の先客がいた。驚くことにいつも見る常連のおばちゃんではなくお美しいきれいなお姉さんだった。あまりにもお美しいのでびっくりしてしまった。しかもサウナ水風呂をキメていたのでかなりのサウナ通だと思われる。

サウナってきれいなお姉さんのひみつの美容法!?

きれいなお姉さんのきれいの秘訣って、誰にも教えたくないから言わないだろうけど、どんなエステより化粧品より美容家電よりサウナだったりして。

 

これは主観だけどもサウナに来ているおばちゃんは肌がきれいだしすらりとしている。サウナでじっくり汗をかいて水風呂に浸かるを繰り返している。逆に代謝の悪そうな人が汗をかきにサウナに入ってきてもすぐ出てそのあとはもう入ってこない。サウナに入る人がお美しいのではなく、サウナと水風呂の交互浴が「整う」というのを知っている人が美しくなるのではないか。

 

サウナでお美しい人をみるとそういう理論があるんだろうなと思う。実際サウナ水風呂の交互浴は気持ちがいい。気持ちがよければ心も軽くなる。心が軽ければストレスが減る。ストレスが減れば生活にゆとりが出る。ゆとりがあれば笑顔も増える。笑顔が増えれば口角が上がり表情筋が鍛えられほうれい線などの顔のたるみが緩和され若々しく見える。表情筋が鍛えられれば顔面の血流が増し顔色が良くなる。あれ、サウナ効果すごくない?

 

うん、絶対にそうだ。美しい人の秘訣はサウナにあるんだ。よし、サウナに通って美しくなろう!(美しさには個々の主観があるのでサウナに行けば絶対に美しくなるとは限らない。美しさの評価というのは難しく、容姿やスタイル、佇まい、しぐさなど色々ありサウナが関与できない部分もありうることは理解しておくべき)

 

あとこの時期、以外とクーラーで身体が冷えていてサウナや浴槽に入ると熱さが心地よく感じる。お湯に浸かり身体をしっかり暖めて汗を流す。普段シャワーで済ませてしまうのでたまには広いお風呂でゆったりしよう。それで美しくなるならうれしいもんじゃない。サウナっていいな、水風呂ってすごいな。