ここから先は私のペースで失礼いたします

さかもツインの健康で文化的なようでそうでもない生活をお送りいたします

さよならピンク

1ヶ月前、髪の毛をピンクに染めた。どうしてもピンクにしたくて、仕事にもあまり影響のない範囲でピンクにした。


人生の宿題を少しずつ片付けていこうと思うのだ - ここから先は私のペースで失礼いたします

髪の毛をピンクに染めるのは33年間の人生のな中で初めてのことだった。ブリーチを2回かけヘアカラーで髪の毛をピンクに。緊張しながらも完璧に仕上げてもらい、頭の中までピンクになって楽しかった。

 

いよいよお固めの仕事も再開するし、1ヶ月限定という自分との約束もあったので、今日髪の毛を黒くする液体を買った。

 

1日だけ髪を黒く染めるスプレーなどもあり、とても悩んだ。せっかく染めたピンクの髪の毛をまた黒くするのが惜しくて惜しくて仕方ない。それほどに気に入っていたが、自分との約束が守れなくなるほど惰性化してしまったらいけないと思い言い聞かせたのだ。

 

家に帰り、鏡を見る。紛れもなくピンクい髪の毛がいとおしくてたまらない。

このピンクにしてから髪の毛は多少痛んだが、鏡で髪の毛を見るのが嬉しかった。

 

子どもの頃の特別な日用のベルトがついたエナメルのシューズをはくときのような、新しいワンピースを下ろすときのような、そんなときめきと嬉しさがあった。

 

髪の毛を触りヘアアレンジをする。会わせ鏡をして絶妙な加減でピンクが出てくるのが楽しい。ピンクが褪せてきたらまた色を足しながらこの1ヶ月ピンクを楽しんだ。

 

自分の容姿にため息が出る日もある。二重だったらな、顔がもっと小さければな、なんでこんなに貧乳なのか、挙げればキリがない。容姿で誉められるところは年々減っていく。艶のあった髪も徐々にポサポサチリチリになってきたし、白かった肌は黄ばんできた。33歳、老化をひしひしと実感している。鏡を見てかわいいと思うことは昔からなかったがピンク色の髪の毛はかわいくて仕方なかった。

 

鏡を見る楽しみ、髪の毛を結う楽しみ、手入れをする楽しみ、この1ヶ月色んな楽しみを味わうことができた。

 

何より「それがピンクにしたというやつですね。かわいい。」と言ってくださった方がいたのが嬉しかった。いつまでたっても、いくつになっても「かわいい」と言われるのはとても嬉しいんだな、と思った。

髪の毛がかわいい、ということがしっかりわかっているので「どうせお世辞でしょ」とか卑屈にならず「かわいい」を享受する貴重な体験ができた。「わーい、ありがとうございます。」と素直に喜べた。

 

街に出れば髪の毛がピンクや青、緑の人もいて楽しんでるな、と微笑ましく見られた。ちょっと変わってるなとは思うけど、自分のやりたいことや好きなスタイルと真正面から向き合ってやっているのでかっこいいなと思う。

 

やりたいことをやった、髪の毛をピンクにするという挑戦は楽しさの余韻を残し黒く塗りつぶされた。

 

ちゃんと自分との約束を守ったことも立派、と誉めてピンクの髪の毛とお別れする。またいつか社会的に問題がなければ髪の毛をピンクにしたいと思う。

白髪を紫に染めるタイプのおばあさんになるだろう。そんな日が来るのが待ち遠しい。

 

職場でピンクの髪の毛に気づいていながらもスルーしてくれた管理職の方、すんませーん。ありがとうございました。明日からちゃんとします。

 

かわいいと言ってくれた方、ありがとうございました。すごい嬉しかったですし、生きる糧となりました。ありがとうキャンペーンで飴をあげたい。

 

そして、友人K江、この人にしかこんなバカげた挑戦を頼めなかったと思う。いい歳して、とかそんなこと言わずに髪の毛と向き合ってくれたおかげでこんなに楽しい思いをすることができた。ありがとうございました。キャラメルを10年分あげたい。

 

やってみたいことはやってみるに限るが大人なので自己責任だったり約束だったりの制約は必要だと思う。

 

今度はエメラルドグリーンか藤色にしたい、という考えを秘かに胸に抱いて。さよならピンク。

 

 

チョコレートドーナツ

昨日は家に帰ってきてゴールデンカムイを見て大爆笑。そのままスティーブンセガールがポリスとなって街へパトロールする謎番組を見てからの

 

日テレ!
LGBT特集が日テレで、「チョコレートドーナツ」「ヘドウィグ」など放送 - 映画ナタリー

 

昨日はLGBT特集の最終日、『チョコレートドーナツ』を放送していた。

 

 
映画『チョコレートドーナツ』 オフィシャルサイト

チョコレートドーナツは2012年のアメリカ映画。1970年代、実際にあったゲイのカップルが障害を持った子どもを育てた、実話をベースにした映画です。

映画HPより。

1979年、カリフォルニア。シンガーを夢見ながらもショーダンサーで日銭を稼ぐルディ。正義を信じながらも、ゲイであることを隠して生きる弁護士のポール。母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年・マルコ。世界の片隅で3人は出会った。そして、ルディとポールは愛し合い、マルコとともに幸せな家庭を築き始める。ポールがルディのために購入した録音機でデモテープを作り、ナイトクラブへ送るルディ。学校の手続きをし、初めて友達とともに学ぶマルコ。夢は叶うかに見えた。しかし、幸福な時間は長くは続かなかった。ゲイであるがゆえに法と好奇の目にさらされ、ルディとポールはマルコと引き離されてしまう……。血はつながらなくても、法が許さなくても、奇跡的に出会い深い愛情で結ばれる3人。見返りを求めず、ただ愛する人を守るために奮闘する彼らの姿に我々は本物の愛を目撃する。

ゲイバーでパフォーマーをしているルディ。アパートの隣人の女が逮捕されその息子、マルコが施設行きになるところを目撃し自分がが引き取ろうとする。ルディはゲイバーに来て知り合った弁護士のポールと共にマルコの保護者になろうと決意する。

 

見ず知らずの他人の子に保護が必要と気持ちで動いたルディとそれを法的に支えたポール。

見ず知らずの大人の男性2人と暮らすことになったマルコ。

 

全くの他人。皆違う他人。

 

愛し信頼できる人と一緒に暮らす。

 

マルコがはじめて自分の部屋を持てたときに嬉しくて泣いたシーン。

誕生日でアメリカお馴染みの物凄い色のケーキを3人で食べ嬉しそうに食べるマルコ。

海に行って3人で幸せそうに浜辺で楽しむ風景。

 

どれも幸せな家族像。

最近こんな幸せな家族像の映画を見ていなかったなと思った。

 

嬉しくて笑ったり泣いたりそんな感情がとても綺麗だった。

 

 

 

中盤から物語は進みラストまで目が離せない展開になっていき正義なんて存在しないと言うセリフが痛いほど現実は冷たく、ちょっとした偏見がどんどん歪んで救いのない世界になる。自由に暮らす事は不可能なのかもしれない。家族の為、愛のため足掻いたルディの力強さに涙がぶあっと止まらなかった。

 

チョコレートドーナツ、興味があれば観てもらいたい映画です。とても良かったです。

行き場のない恋心

今朝の通勤中に大阪方面で大きな地震があったとスマホから情報を得る。

埼玉にいてなんの被害もない私は大阪方面の知り合いのことが気になった。Twitter上気になる人たちは無事だったようでホッとして業務についた。

 

先日は関東でも震度5を記録した。埼玉はやや大きな揺れといったところで被害もなく揺れは収まった。

 

関東が震度5を記録すると決まって連絡をくれる人がいる。もう何年もそうだ。「地震大丈夫だった?」と連絡をくれるその人のことはずいぶん前に好きだったが、なかなか好意を形で受け入れてくれず結局他に彼女を作ってしまった。それ以来会っていないが、こういうときに連絡をしてくる。

 

今でも気にかけてくれているのか、と嬉しくなってしまうがその本意はわからない。

 

そりゃ私だって昔好きだったけどうまくいかなくなってしまった人の安否はもちろん気になる。いつだって「大丈夫?」と声をかけたいけども、その一声をかけられる立場ではないとわきまえて無事を祈りながら何も連絡をしない。

 

皆はどうしているのか。元カレや元カノと気軽に連絡をとったり遊んだりするのだろうか。

 

私はずるずる気持ちを引きずってどうしようもなくなってしまうので連絡をとらない。というかとれる程のいい感じな別れ方をしていないのだと思う。

ずるずるすることによって相手が前に進めなくなってしまうのも嫌なのだ。

 

別れてから、フラれてからもいい関係を続けられる人はどんな関係を築いているのか。恋愛下手な私にはわからない。

 

地震大丈夫だった?」その気軽な言葉はひどく私を嬉しくも寂しい気持ちにさせる。ニュースをみれば私が大丈夫なのはわかっているはず。わかっているのにわざわざ連絡をよこすほどあの人の中で私は大切な人でいるのだろうか。あぁ、あの人の1番大切な人になりたかったなぁ。

しばらくの沈黙を破り「地震大丈夫だった?」という一言に「大丈夫、心配ありがとう。」と返した。

「ならよかった、ごめん。それだけ。」と返ってきた。

 

それだけを確認するのなら私が大丈夫じゃなかったら、死んでいたら悲しんでくれるのだろうか?

 

ごめんというなら聞かないでほしかった。

あの人のそういう何を考えているかわからないけど実は考えていて優しいところが好きだった。そんな気持ちを久しぶりに思い出す。けどももうそんな気持ちを抱けない関係になってしまった。どんなにフラれても「好きだ」と言える気力も勇気もなくなってしまった。

どうにもならないことをよく理解しているから忘れようとしたのに忘れた頃になってあの人はいつも連絡をしてくる。俺のこと忘れないでよ、と言わんばかりの図々しさだ。

そういう嫌な言い方をしないと好きだった頃の気持ちが甦ってきて行き場がなくなる。拗らせる、とはこういうことだと思う。

おかげで私は前にも後ろにも進めない。

 

「ごめん。それだけ。」の後は返信をしていない。何て返そうにも、近況は?と聞いたら彼女と幸せにやっている、と言いそうでそれを聞きたくも知りたくもないから何も返せない。本当は今は元気にしているのか、とか聞きたいことはある。

 

もう連絡してこないでという勇気もない。あの人が生きているかどうか、また連絡をしたいと思えるときに連絡をしてほしいときっと心のどこかで思っている。

 

今までで何度も恋愛をしてきたけども、こうして行き場のない恋心をいくつか抱えるうちに恋というものが少しだけ怖くなってしまった。

 

あの人を好きだと言ったとき、はぐらかされてしまった。もうそういう大事なことをはぐらかす人のことを好きになりたくないと思っている。

あの人に愛されなくても、私は素晴らしい世界を見るために私の足で歩いていく。地震がきてもどんな悲しみに見舞われてもあの人は私を助けてくれることはない。もう少し強くならなければ。

あの人の優しさはエゴでもある。本人に自覚がないので仕方ない。

 

いつかまた好きだと言ってくれる人に出会えたらこの恋心は、愛されなかった私は、やっと成仏できるだろう。そのときが来るのを待っている。

 

 

君の尻はあついか?

君の尻はあついか?燃えるようにあついか?

 

 

おれの尻か?そうだな、熱くて燃えるようだぞ!トイレで悶絶したぞ!

 

 


f:id:sakamotwin:20180617161013j:image

これがなんだかわかるかな?

担々麺ほおずき

ぐるなび担々麺ほおずき

 担々麺ほおずきの激しく辛い担々麺だ!

中野の中野ブロードウェイ近くのお店の魔物だ。950円で買えるんだ(まあ魔物が950円と言うお手軽プライスで買えるだなんてすごい)

 


f:id:sakamotwin:20180617161304j:image

 

真っ赤じゃないじゃない。見た目オレンジで美味しそんね、楽勝じゃない?と思うだろ?

f:id:sakamotwin:20180617161223j:image

 麺もコシがあって美味しそうだろ?

 

 

1口目はいいんだよ、花椒の痺れる感じがソウコレキターーとテンションを上げるのです。

ずそずそ食べ続けるとだんだん唐辛子、カプサイシンの痛い辛さで地獄を感じます。

 

 

痛い、口に入れると痛い。

 

少しずつ食べ休み少しずつ食べ休みを繰返しなんとか完食。

 

痺れよりも痛みが物凄かったです。

 

その後買い物をしたり都心をうろうろしてから帰宅。

 

家に帰ってから異変が。

 

 

 

『おなかがいたい』

 

 

ねねに太田胃散とバファリンと整腸剤コンボをキメろ!と言われ太田胃散と整腸剤だけ飲んでうんうんしていたらいきなり腹痛が消えた。

 

???

 

 

一応トイレに行こうと思いビッグな方をしてみると痛い熱いお尻がヤバい!

尻が燃えてる?おかしいな?と思うくらい痛かったです。

 

食べ終わった後に更にヤバさを感じる1度で2度魔物な担々麺。皆食べて!同じ思いを味わってぇー!

 

サボテンサトシへの65の質問37~65まで - ここから先は私のペースで失礼いたします

サボテンサトシへの質問、まだまだ続きます。

 前半分はこちら↓


サボテンサトシへの65の質問1~36まで - ここから先は私のペースで失礼いたします

 

37,自分の素晴らしいと思うところは?

サ「根拠のない自信」

 

38,ミジンコ、好き?

サ「また急にそういう質問が…」

サ「頑張って生きてるなら好きです。僕虫殺せないんですよ。」

ね「ミジンコ好きなんですね。へぇ。」

※ミジンコとは…ミジンコは、水中でプランクトンとして生活する、微小な甲殻類である。
f:id:sakamotwin:20180617115332j:image

ねねとしてはミジンコは金魚のえさというイメージくらいしかない。好きでも嫌いでもない。

 

39,幸せとは?

サ「自分にだけは嘘をつかないことですね。」

 

40,自分へのご褒美あげてる?

サ「めちゃくちゃあげてます。水曜日にケンタッキーフライドチキン9ピースが1,000円安くなるんでそれを買って何日かに分けて食べます。おいしいですよ。」

ね「知らなかったです。」

サ「ねねさんもやったらいいですよ。」

誇らしげに語るサボテンサトシ
f:id:sakamotwin:20180617115724j:image

 

41,舞台から見える世界はどんなものか?

サ「いつもいっぱいいっぱいで意外とあまり覚えていないです。楽しむ余裕は1%。」

 

42,今いる場所は光か闇か?

サ「今は光です。」

 

43、ねるねるねるね、食べたことある?

サ「こういう不毛なお菓子、わりと好きです。」

ね「そうですか。(ねるねるねるねを取りだしプレゼントする)」
f:id:sakamotwin:20180617120138j:image

サ「え!あるんですか!あぁ、ありがとうございます。食べます。へぇ、クラシエから出てるんだ。」

ね「食べたら感想をTwitterにアップしてください。」

あれから数日経つがサボテンサトシがねるねるねるねを食べたというツイートは見ていない。

 

44,何て呼ばれるとうれしいか?

サ「だいたい皆さんサボテンとかサボテンさんと呼びます。サトシと呼ばれるのは5%くらいなのでレア感があっていいですね。たまに本名の名字で呼ぶ人(舞台上で)がいるのでそのときは『ちょっと!』と言います。」

サボテンサトシのことをサトシ、と呼ぶと喜ぶようなのでぜひ呼んであげてほしい。ちなみにねねはサボテンと呼んでいる。1度サボちゃんサボちゃんと呼んでみたがしっくりこなかったのでやめた。

 

45,親に何と呼ばれているか?

サ「父親には呼ばれない、お前って言われます。母親にはサト(ちゃんはつかない)。弟たちにはアニキです。」

※サボテンサトシは三兄弟の長男なのだ。

 

 

46,コンビニでつい買ってしまうものは?

サ「あんまりコンビニ行かないんですよ。行くと迷って時間かかります。強いて言えばセブンイレブンの揚げ玉は優秀です。大小いろんなサイズの揚げ玉が入っていておいしいです。」

ね「コンビニで揚げ玉買う人なんているんだ…(驚愕)」

 

47,ヘアケアは?

サ「何にもしていません。11年くらい美容室行ってません。自分で切ってます。」
f:id:sakamotwin:20180617123222j:image

普段帽子で隠れているが、地毛は癖毛でもっさりしているらしい。鏡でヘアスタイルを念入りに調整するサボテンサトシ。

 

 

48,今までで1番ひどいお酒の失敗は?

サ「27歳のときですかね。血まみれで国道で寝ていました。警察に起こされて気づきました。自転車で転んだみたいです。手とか顔とか傷だらけでした。スマホはなくしました。」

サ「結構そういうの多くてつい最近もスマホと財布なくしました。」

 ね「もう外で酒飲まない方がいいと思います。」

 

49,1番ひどいフラれ方は?

サ「■■■■■■■■…」

ね「この質問はなかったことにしましょう。」

 

50,好きなスーパーとそこのいいところは?

サ「僕高円寺に住んでいるんですけど、タカノ青果店ですね。野菜がとにかく安いんですよ。高円寺の物価はどうかしています。」

サボテンサトシは自炊しているためコンビニよりもスーパーに行くことが多いようだ。

 

51,ライバルはいる?

サ「います。」

誰だかは公表しないが、その人、と聞いてあの人はすごいよ。おもしろいよ。という芸人さんが出てきたのでサボテンサトシの内に秘めたギター芸人としてのプライドを垣間見た。

 

 

52,ファンの子をくってしまったことは?

サ「ありません!そもそもファンがいないです。」

 

53,サボテンサトシにとって歌うこととは

サ「息をすることと同じ」

 

54,最近心の底から笑ったことは?

サ「あんまりありませんねぇ。(しばらく考えてきて)自分の新ネタですかね?」

サボテンサトシは基本的に暗いのであんまり笑わないようだ。

 

55,今1番会いたい人は?

サ「静岡県にいるS田さんです。4つ下の昔のバイト仲間です。いいやつなんですよ。」

静岡県にいるS田さん、東京にお越しの際はぜひサボテンサトシに会いに行ってやってください。

 

 

56,サボテンサトシの歌を聞いてくれるファンに言いたいことは?

サ「優等生みたいになっちゃうんですけど、ありがとうございます、ですね。ライブに来てくれる人って僕のために時間とお金を使って来てくれるじゃないですか。それってすごいことですよ。嬉しいですよね。」

 

57,今の人生で1番大切にしている時間は?

サ「現状に満足してしまう性格なので、新しい曲を作る時間はとるようにしています。ネタは鮮度が大切なので。」

 

 

58,あなたにとって食べるとは?

サ「僕人前で食べるのが苦手なんですよ。誰かと食事に行くのはちょっと緊張しますしあんまり食べられなくなります。外食も少ないです。基本は自炊して家で食べる、お米が主食ですね。」

 

59,得意料理は?

サ「カレーですね。回を重ねるごとにうまくなります。この前作ったトマトと手羽先のカレーはとても美味しくできました。」

 

 

60,国道駅とはどんなところでしたか?

サ「時代に置き去りにされた、僕みたいな場所ですね。」
f:id:sakamotwin:20180617133205j:image

 

 

61,つくづくひとりだなぁと思うときは?

サ「バイトが終わって23時くらいにマルエツプチに寄るんですけど、高円寺って風呂なしの家もまだあるのかな。銭湯帰りのカップルが楽しそうにマルエツで買い物しているのを見るときですね。楽しそうなカップル多いですよ…」

 ね「切なくなりました。」

 

 

62,あと100年ギターをやり続けるためのモチベーションとは?

サ「モテたいと思い続けることです。」 

 

63,人生のテーマは?

サ「主人公であること、です。」

 

64,モテワンコンテストへの意気込みは?

※お詫び ねねが尿意を堪えていたため聞いたことをメモし忘れたうえに、何て言ってたかも多分聞いていなかったのでサボテンサトシのアンサーはあったけどなくなってしまいました。知りたかった方、申し訳ございません💦

 

65, 『l love you』を何と訳す?

※サボテンサトシは高校英語教員免許を取得している。http://p-hit.net/html/talent48_sabo.html
プロダクションHIT_タレント一覧_サボテンサトシ

 

サ「行かないで、ですね。」

ね「あ~それはいい言葉ですね。うん、いい。ねねはトイレ行きたいのでここで終わりにしましょう。じゃ!また!」

サ「え!あ!ちょっと!あ、ありがとうございました。」

 

 

そうしてねねの尿意のため電車内でインタビューは変な形で終了した。

 

65の質問を終えて、サボテンサトシの質問されたことにきちんと答えるという丁寧で真面目な人柄が伺える。

話をしていて言葉遣いなど品があっていいなと思えた。お笑い芸人だからふざけるのが仕事という考えはないようだ。無茶ぶりにもきちんと向き合う器の大きさがある。

とはいえ内に秘めたサボテンサトシの情熱、怒や哀しみは計り知れない。それを歌にのせて息をするように吐き出していく。聞いて何をし感じるかは聴き手次第となる。

このインタビューブログを通してサボテンサトシのことを少し知ってくれたら嬉しい。全く知らない人に対して人はバリアを張る。そのバリアを少しでも取り払いサボテンサトシに興味を持ってくれる人がいてくれればこの65の質問が報われると思う。

 

 

【ちょっと告知】

ちょっと残念でかわいそうな男の歌を聴きたいかたへ。

6月22日恵比寿ヌリカベにて
f:id:sakamotwin:20180617135906j:image

 

6月23日町田トロススペインバルにて


おかげさまでトロスは3周年を迎えることが出来ました! ご愛顧に感謝して、6月23日(土)に3周年記念イベントを行います! 食べ飲み放題で¥4.000、16時スタートです。 みなさま、お待ちしております! #トロス#スペイン料理#町田#サボテンサトシ | 町田トロススペイングリルバル -TOROS SPAIN Grill&Bar-
f:id:sakamotwin:20180617135924j:image

6月28日新宿ライブフリークにて

http://www.live-freak.com/live.html
新宿 Live Freak
f:id:sakamotwin:20180617135937j:image

 

ライブ出演の予定があるのでお時間あるかたはぜひ。ざっくりとした告知なので分かりにくくてすみません💦何かありましたらサボテンサトシのTwitterをチェックしていただければです。

サボテンサトシ (@sabotensatoshi)さんをチェックしよう https://twitter.com/sabotensatoshi?s=09

 

サボテンサトシへの65の質問1~36まで

サボテンサトシとは何者なのか。

先日ねね(姉)はサボテンサトシへインタビューをしてきたのでここにまとめようと思う。

ちなみに質問内容は前日夜に頭をひねりにひねって1時間かけて考えた。
f:id:sakamotwin:20180616225530j:image

なぜ65の質問かというと、質問カードとして使う単語帳がちょうど65枚だったからだ。深い意味はない。

では始めるとしよう。

 

1,サボテンサトシとは何者か?

サボテンサトシ(以下サ)

「まぁ…主人公…。主人公になりたいという願望があります。主人公哲学を学ぶために映画を見ます。僕が主役じゃない人の誕生日会とかは嫌いですね。カラオケも他の人の歌を聞かなくてはならないので苦手です。わざわざ質問考えてきてくれたんですか。体か喜んでますよ。」

インタビュアーねね(以下ね)

「どんな主人公が好きですか?」

サ 「ヒーロー物のレッドですね。」

どうやらサボテンサトシとはなかなかにクセのある男なのかもしれない。たった1つの質問に返してくるボリュームがでかい。このインタビューは長丁場になると覚悟をする。シャクれた顎は得意気に話を始める。

 

2,人生で影響を受けた人や出来事、作品は?

サ「母親です。うちは3兄弟で母親は誰かに音楽やってほしかったみたいなんですよね、言わなかったけど。小学3年のときに母親がオカリナ教室を申し込んできて僕が『行かない』って言ったら普段何も言わない母親が泣いちゃって。」

ね「オカリナかぁ~」

サ「オカリナです。その後小学5年生のときにギターをもらってそこからギターを弾き始めました。初めてギターを買ったのは高校1年生のとき。」

ね「文化祭とかでギター弾いたりしなかったたのですか?」

サ「僕仲間がいなかったので高校でも大学でもそういう場所でギター弾く機会はなかったです。」

ね「(切ない…)」

いつかオカリナで路上ライブをしてほしいと思う。

 

3,好きな色は?

サ「赤と緑です。僕クリスマスが好きなんですよ。あの色を見るとワクワクします。」

 

4,好きな歌手や歌は?

サ「好きすぎるのでこれは秘密で…」
f:id:sakamotwin:20180616231842j:image

 気になる方は本人に直接聞いてみてみるといい。

 

5,ギター芸人になってよかったことは?

 サ「歌が嫌いな人ってあんまりいないのでネタを見てもらいやすいところですね。お客さんのリアクションで『聴いてもらえている』という分かりがあるので嬉しいです。」

 

6,靴下はどちらの足からはくか?

サ「右が多いですかね?…あの、この質問 誰が得するんですか?」

 ね「誰も得しないです。」

 

7,サボテンサトシのおしゃれの流儀とは?

サ「僕のおしゃれの教科書はPOPEYEです。こんなの着ていいんだ、と思います。サスペンダーはおしゃれになりますね。便利なものを見つけたなぁと思いました。」

ね「確かにサスペンダーはいいですね。」

サ「BEAMSのレディースのやつを使っています。ZOZOTOWNでも買えるのでいいですよ。」
f:id:sakamotwin:20180616233058j:image

確かに山にいたときもサスペンダーをしている。これはおしゃれアイテムだそうなので気になる方はサスペンダーを買ってみてほしい。とりあえずねねは今のところ買う予定はない。

 

8,よく考えることは?

サ「基本的にネガティブだったり悲観的なので今が1番いいと思っています。これ以上未来がよくなるとは思えない。家があって飯が食えているので現状は満足している。きっと前世が相当ひもじかったんでしょうね。あんまり色んなことは望んでいません。」

ね「…悲しいなぁ。」

 

 

9,何型?

サ「O型です。」

ね「へぇ~。」

 

10,苦手な食べ物は?

サ「カブです。味噌汁に入っているカブの大根じゃないんだ、というフェイク感が。あと甘いものですね。」

ね「フェイク感というのはわからないけども、そういう変なつっかかりはわかる気がします。お酒飲むから甘いものはあまり好きでないタイプなんですね。」

サボテンサトシへのバレンタインの贈り物はカブと甘いものを避けると良さそうだ。女性ファンの皆様へ声を大きくしてお伝えしておく。

 

11,作品を作るのはどんなとき?

サ「あのね~、好きなコにフラれたとき。さみしいと創作が捗る。寂しくないと何書いてもおもしろくない。怒と哀で曲を書いています。」

ね「何かそれはわかる気がします。」

サ「先日ちょっと悲しいことがあって2曲かけました。」

ね「捗ってる~笑!」

 

12,作曲に行き詰まったとき、何をして気分転換するか?

サ「家の中をくまなく掃除します。クリーンになっていいですよ。した方がいいです。」

ね「ねねあんまり掃除好きじゃないからいいです。」

 

13,得意なことは?

サ「■■■■■」

ね「得意そう!」

※表沙汰にできないという本人の意向により伏せ字としております。

 

14,初恋の思い出は?

サ「小5のときです。同じ図書委員だった1学年下のSさんです。修学旅行で好きなコを言い合うやつで言ったら本人にチクられてその後無視されました。嫌われたみたいです。」

ね「よくあるやつ!ひどい話ですね!」

サ「懐かしいな~。その後進学校が別々になったんで会うこともなくなりましたけど

ね「Sさんに言いたいことは?」

サ「幸せになってほしいですね。」

ね「よくあるやつ!」

 

 

15の質問は微妙なやつだったので取り下げました。
お詫びとして不法投棄された冷蔵庫をあけるサボテンサトシの画像をお楽しみください。
f:id:sakamotwin:20180617004442j:image

 

 

16,モテたいか?

サ「あぁ、モテたいですね?誰よりもモテたいです。」

ね「わかるわぁ。モテたいです。」

 

17,モテるための秘訣は?

サ「いや、実際モテてないですからね。」

「僕ね、『男はつらいよ』が好きなんですけど寅さんって実はモテるけど、好きになってくれた人から逃げてしまうんですよ。多分童貞なんじゃないかな。僕も恋愛レベルとしては童貞です。彼女いたことあるから童貞じゃないけど。」

ね「その話長くなりそうなので切ります。」

サ「平成の寅さんが…」

ね「次いきます。」

 

 

18,好きなお茶は?

サ「ジャスミンティーです。酒ばかり飲みますがたまにジャスミンティー頼みます。あると嬉しいですよね。油を分解してくれるらしいし。」

 

19,今1番欲しいものは?

サ「オーブン?電子オーブン?いや、何かあった、何かあったけど忘れた。何だっけな。」

ね「ウワー、聞いててもやっとします。」

サ「まぁでも大体のものは時分で買えますからね。そんなに欲しいものはないです。」

 

 20,好きな女性のタイプは?

サ「自分を振り回す人です。」

ね「(それ幸せになれないやつだ…)」

 

21,理想のデートは?

サ「僕はロマンチックなので結構ベタだと思います。…え~と。丸々1日だとちょっと大変ですよね。」

ね「そしたら昼だけのデートなら?」

サ「景色のいいところ」

ね「夜だけのデートなら?」

サ「景色のいいところ」

ね「具体的には?」

サ「すいません僕恋愛偏差値が童貞レベルなんでこれ以上はちょっと。こういうやつ、ダメでしょ。ははは。」

乾いた笑いがかわいそうになってしまったのでこれ以上の追及をやめる。
f:id:sakamotwin:20180617001558j:image

サ「横浜はいいデートスポットありますね。こういうところ来たらいいんじゃないですか?」

 

22,顎が長くて困ったことは?

サ「飲み会で自分よりしゃくれているコがいると困ります。僕がいじられたりすると、そのコもいじられる空気になっちゃうじゃないですか。とはいえ一緒にいじってこられると『ちょっと!』と思います。」

ね「そこは気を遣いますね。」

 

23,毎日必ずしていることは?

サ「夜酒を飲んで寝て朝コーヒーを飲んで目を覚まします。」

 

24,歯ブラシへのこだわりは?

サ「特にないですが電動歯ブラシがいいと聞いて電動にした方がいいのかなと思っています。」

 

25,朝起きて1番にすることは?

サ「コーヒーを飲むことです。朝ごはんは食べません。」

 

26,いつも目に生気がないですね?

サ「目力がないんです。死んでいるんでしょうね?心が死んでいて肉体だけが生きている感じです。」

ね「なんか嫌なこと聞いちゃってごめんなさい。」

 

27,顎のケア方法を教えて下さい。

サ「ケア方法はありません、」

ね「ふーん。」

 

28,スポーツはできる方ですか?

サ「あー、できません。全くできません。走るのも遅いです。僕は1番になれなさそうなものに興味ないのでスポーツはあまり好きではないです。」

 

29,今1番怖いことは何ですか?

サ「実家で起きる不幸です。健康第一ですね。」 

家族想いのサボテンサトシ。

 

30,トリケラトプス~?

サ「たまにそういうの入りますよね?」

サ「ティラノザウルス~?」
f:id:sakamotwin:20180617003020j:image

 

31,よく服を買うところは?

サ「ユニクロやGAPです。今日着ているTシャツもGAPです。」

ね「GAPですね。」
f:id:sakamotwin:20180617003301j:image

 

32,帽子へのこだわりは?

サ「あんまりないですが、頭がでかいのでXLサイズがあるところのを買います。ニューヨークハットのを買うこともあります。」

 

33,子どもの頃好きだったアニメは?

サ「魔女の宅急便です。ジブリ作品はいいですよ。」

 

34,座右の銘は?

サ「適当」

 

35,1番大切にしていることは?

サ「友達です。友達がいないとなんにもできない。」

 

36,何をしているときが1番落ち着く?

サ「家でひとりで呑んでいるとき。芋焼酎が好きです。」

 

 

長くなったのでここいらで前半を終了とする。続きは後半で。

 

あなたがいなくなったらさみしい

 

西友からパリパリコーンフレークメロンが消えた。
f:id:sakamotwin:20180614223848j:image

 

去年から季節限定で出ているメロン。とても美味しくて買いだめをしたほどめめは好きだった。

 季節限定だから仕方ない。今はストックが2袋あるのでそれは来年までじっくり味わおうと思う。

 

そしてメロンの代わりになんですがと


f:id:sakamotwin:20180614230707j:image

ハーンブゥーベリー。

 

 


f:id:sakamotwin:20180614230735j:image

ー。

 

ただのシュガーコーンフレークに少しフルーティーさが加わった感じです。

 

 

ー。

 

 

 

せいゆーさんおねがいメロンメロンメロンーー!変な味開発しなくていいから!

イモとかさ、ベリーとかさ!まじいらんからメロンだけ作って!お願い!

 

 

 

お願いします。

 

メロンは封を開けるとふわっと香るメロン。

メロンは牛乳を注ぐとオレンジになるの。コーンフレークを食べ終わった後もメロンの味がして美味しいの。

豆乳でもきちんと甘いメロンの味を楽しめるの!だから好きなの。お願いー!メロンメロンーー!メーローンー!メロンを季節限定にしないでプリーズ!