ここから先は私のペースで失礼いたします

さかもツインの健康で文化的なようでそうでもない生活をお送りいたします

この牛乳がすごい!

この牛乳がすごい!そう言わざるを得ない牛乳を知ってしまった。

 

その牛乳とは、ライフプレミアム牧場のおいしさそのままの牛乳900mlである。ライフというスーパーマーケットのプライベートブランドの牛乳で瓶で売っているものだ。


ライフネットスーパー

 

学校給食で毎日牛乳を飲んでいた中学卒業以降は冷たい牛乳をコップ一杯飲むこともなくなった。特別好きでもないけども嫌いでもない牛乳。冬場はホットミルクにしてココアやコーヒーの粉を入れラテにして飲む。体が温まっていい。冷たい牛乳はラテにして飲まない。牛乳飲むなんてガキくさ、と、斜に構えたいた節もある。冷たい牛乳を飲み過ぎるとお腹を壊しがち、ということもあるので冷たい牛乳を自制していた。

 

 

ここ最近1リットルのコーヒーゼリーのある暮らしという、コーヒーゼリーを作って食べる生活をしている。

コーヒーゼリー単品でも美味しいのだが、乳製品のまろやかさを足したくなる。牛乳で割って食べたり、バニラアイスをのっけて食べたりしていた。生クリームもありだとは思うのだが、33歳の婦人の胃にはちょっとこってりすぎるかな、と考えておりそれはやっていない。

 

あるときふと牛乳の質を高めてみては?と考えたのだ。

 

ライフに瓶の牛乳が売っていてそれがとても美味しいという情報は仕入れていたので電車を乗り継ぎライフへ向かった。

 

そしてようやく手に入れたライフの牛乳。
f:id:sakamotwin:20180816234135j:image

そのまま飲んでみたらすっきりしていて飲みやすい。ふむ、いつもの牛乳(低脂肪乳だったり西友の普通の牛乳を買っている)より臭くない。もったりたした乳くささみたいなのが全くない。飲んだあとも口の中はすっきりしている。味覚が特別優れている訳ではないのだがいつものよりおいしい、という感覚だった。

 

次の日、驚くべきことがおきた。

牛乳の旨味が異様に増していたのである。

これがコクか!と驚いた。バターの味がする。バターのようなコクがある。もちろんバターではないので脂のこってり感はないが味はバターのようだ。小生は昨日とは比べようのない旨味を感じております、と冷蔵庫の前で気を付けをした。それくらいの衝撃だった。

 

その次の日もそのコクと旨味をキープしたまま4日間で飲みきってしまった。ライフは近くにないので、すぐにはこの牛乳を買いにいけない。ならば低温殺菌の牛乳を買ってみよう。
f:id:sakamotwin:20180816234907j:image

ということでタカナシの牛乳を買ってみた。この牛乳も同様開封後2日目に奇跡を起こす。なんでぇ、なんでこんなに美味しいの?牛乳をがぶ飲みしている。

あれだけ頑なに飲まなかった冷たい牛乳をガブガブ飲んでいる。お腹は時々ぐるぐるするも平常運転だ。

今まで飲んでいた牛乳はなんだったのか、と膝から崩れ落ちてしまいそうになった。牛乳の概念が覆された気分である。

 

 この夏の楽しみは、グラスにバニラアイスを入れて、
f:id:sakamotwin:20180817000252j:image

コーヒーゼリーも入れて
f:id:sakamotwin:20180817000322j:image

最後に牛乳を注いで混ぜ混ぜして飲むことだ。
f:id:sakamotwin:20180817000354j:image

食べたい分好きなだけ味わえるのがお家デザートのメリットだと思う。お店で提供されるのは量が決まっているのが悩ましいお年頃なのだ。

 

ちょっとした甘味よりもうまいぞ、この牛乳は。この牛乳がすごい。牛乳のめくるめく乳脂肪ワールドにすっかりひきずりこまれてしまったのである。

 

 

 

おばちゃんに梨をもらった日のこと

仕事場のねね(姉)の隣のロッカーは御歳70オーバーのおばちゃんである。もはやおばあちゃんの域なのだが、いつも明るくはつらつとしていてねねより元気だ。いつも同じ時間に来ていつも同じ仕事をして帰る。採血はめちゃめちゃ上手。

 

今朝ロッカーに現れたおばちゃん、なんだか元気がない。

 

「あれ、○○さんどうしたんですか?元気ないじゃないですか」と声をかける。

 

「あぁ、今日ね下痢しちゃって。普段便秘なのに。おかしいなぁ。 」と落ち込んでいるおばちゃん。

「ねぇ、ナプキン持ってる?ほら、万が一のときにね。」と続ける。

「あるのでこれ使ってください。2個あげます。」とねねのナプキンをあげる。

 

おばちゃんはナプキンをもらって「ありがとう~」と言う。「私もうナプキン使わないから返すために買えないけどいい?」と聞かれる。

 

「あ~そんな気遣わないで下さい。返さなくていいんですよ、あげます!」と言うとほっとした様子でトイレに消えていった。

 

ナプキンは返してほしいと思わないし、たかだかナプキンでおばちゃんの役にたてるなら喜んで差し上げる。おばちゃんコミュニティは快く助け合いをする、おせっかいも焼くしそれを快く受けとるのがちょうどいい。厚意には甘えるのがお互いのためだ。

 

おばちゃん大丈夫だったかしら、と思いながら終業後ロッカーへ行くとねねのロッカーに紙袋がかけてある。

「ねねさん、ありがとう」と書いてありなかを見ると梨がひとつ入っていた。

 

ふふふ、あのおばちゃん律儀なんだからもう、と笑ってしまった。たかたがナプキンなんだからそんなに気を遣わないでいいのに。

予期せずおばちゃんの厚意に癒されてしまった。この厚意は「そんな気を遣わないでいいのに~」と言いながら頂くことにする。次会ったら「も~そんなに気を遣わないで良かったのに」と言いながら「梨おいしかったです。ご馳走さまでした。」と言おう。

何で職場に梨を持ってきていたのかは不明であるがおばちゃんの礼儀というのは正しい。

 

なぜナプキンが必要でどうしてほしいか、的確に伝えられると「それじゃ大変、これ使って」と親切にできる。「ナプキンくれよ」だけではぶっきらぼうだしあげる方としても「え、何で?」と警戒心を抱いてしまう。

おばちゃんコミュニティは自分のことを話し相手にどうしてほしいかが明確なのでコミュニケーションがうまくいく。おばちゃんはずけずけしてて図々しいと思い嫌う人もいるだろうが、「あの人は察してくれない、気が利かない」などとイライラすることがない。あっけらかんとしていていいと思う。このコミュニケーションスキルは真似するべきだ。世界はおばちゃんの厚意で優しくなれる。そしたらきっと今より少しだけ笑顔になれると思うんだ。

 

カメラはそのままで

おや?立ち話?
f:id:sakamotwin:20180814205106j:image 

 

込み入った話なのかしら。不穏な空気だわ。サスペンス劇場みたい。家政婦は見た、の家政婦ポジションだわ、私。
f:id:sakamotwin:20180814205753j:image

 

あっ!死!!!そ、即死~?

ちょちょちょ、ちょっと、まずいよ、それはやばいって!やばいやばいやばいやばい!
f:id:sakamotwin:20180814205824j:image

えっ、こんなときはどうすればいいの。救急車?え、もう死んでるときはなに呼ぶの?パトカー?誰か!誰かぁ!

 

あっ、マジで、カメラ、証拠写真だよね。これ警察に出さなきゃいけないやつだよね。はぁ。はぁ。カメラを止めちゃいけないよね。カメラだけは…はぁ…はぁ、こわい。こわい。

 

あっ!
f:id:sakamotwin:20180814210407j:image

 シリアルキラーがこっちに気付いた…やばいやばいやばいやばい!私までやばい…逃げなきゃ!はぁはぁ…あの人たちを置いて逃げなきゃ殺されるっ!まだ、死にたくないよ。死にたくないんだよ!

 

 

カメラは…そのままで…これがジャーナリズムよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

※今週の火曜サスペンスごっこは大好きな漫画家中川ホメオパシー先生の特別出演となりました。


f:id:sakamotwin:20180814211238j:image

 中川ホメオパシー原作、河崎実監督『シャノワールの復讐』という干支天使チアラットのスピンオフ映画です。

一言で言って最高でした。ネタバレになってしまうので詳しくは言及できないのですが秋頃DVD発売の予定です。主演の姫乃たまさんの愛くるしさがたまらない作品となっています。中川ホメオパシーワールド、いい意味で狂ってる。衝撃の結末に死ぬほど笑った。これを見ずして平成は終わらせられない!

 

干支天使チアラットはリイドカフェで連載されているWeb漫画で単行本は現在3巻まで発売中。狂った火曜サスペンスごっこをする男たちの書く漫画は、めちゃめちゃおもしろいので未読の方はぜひ!

 


干支天使チアラット - つながりで読むWebの本 YONDEMILL(ヨンデミル)

 

中川ホメオパシー先生のTwitterは刺激的なのでTwitterアカウントお持ちの方はフォローされると良いかと思います。いいねを一万回くらい押したくなるので。

中川ホメオパシー (@nakagawa_ho)さんをチェックしよう https://twitter.com/nakagawa_ho?s=09

皆さんが恋人とデートしたりしている間、私は…私は…

夏ですね、夏休みですか?夏ですからね、恋人のおられる皆様におかれましてはデートしたり?デートしたり、デートしたりしているのではないでしょうか?

夏のデートはいいですよね。夏しかできないこと、たくさんありますよね。花火!浴衣!プール!海!水着!アバンチュールな夏、してますか?

うん、うんうん、いいですね。してるんですね。平成最後の夏なのでたくさん思い出を作ってたくさん幸せになってください。写真も狂気の沙汰レベルで撮ってインスタ映えしたらいいと思います。幸せアッピールしてください。夏休みが明けて満員電車に揺られたとき死なないように幸せ貯金してくださいね。

 

皆様がそんなアバンチュールサマーナイトしている間、ねね(姉)は地べたに這いつくばってますね。ええ、主に地べたに這いつくばっております。
f:id:sakamotwin:20180814000829j:image

ふと思ってしまったんですよ。もしかして世の中のカップルたちがデートしている間、わし、地べたに這いつくばってばかりいるんじゃないかって。あとはTwitterばかり見てる。それはそれで楽しいです。
f:id:sakamotwin:20180814000946j:image

最近関東は雨が降るので一時の猛暑は峠を越えた気がします。地べたはキンキンアツアツではない、失った恋人のぬくもりのような温度です。

 

大丈夫、彼氏がいなくても死なないです。どうしても人肌が恋しくなったら夜の地べたに這いつくばるのがちょうどよろしいかと思います。くれぐれも蚊とかコオロギとかには気をつけて下さいね。自分に寄ってくるのは男じゃなくて虫かぁ、って精神的にキツくなりますので。刺される云々の話です。

今日は以上にしておきます。さようなら(涙が頬を伝っているような気がするのは平成最後の夏だから…)

 

いる?いない。

いる?
f:id:sakamotwin:20180811202923j:image

いない。
f:id:sakamotwin:20180811202950j:image

いる?

f:id:sakamotwin:20180811203010j:image

いない。
f:id:sakamotwin:20180811204040j:image

いる?
f:id:sakamotwin:20180811203133j:image

いない。
f:id:sakamotwin:20180811203159j:image

いる?
f:id:sakamotwin:20180811203221j:image

いる?
f:id:sakamotwin:20180811203239j:image

 いない。
f:id:sakamotwin:20180811203159j:image

いる?
f:id:sakamotwin:20180811203357j:image

いない。
f:id:sakamotwin:20180811203340j:image

もしかしたらいるのかもしれないけども、
f:id:sakamotwin:20180811203439j:image

もしかしたらいないのかもしれない。
f:id:sakamotwin:20180811203505j:image

目に見えるものだけが全てではないから

いてもいなくてもどちらでもいいんだ。

 

 

エレベーターを降りるとそこは昭和だった~コープブロードウェイゲストルームに宿泊した一夜のこと~

中野ブロードウェイサブカルの聖地と呼ばれるこの場所はねね(姉)にあまり馴染みのあるものではなく初めて行ったのは成人してからだった。ごちゃごちゃとした商業施設は空気がよどみ居心地の悪い不思議な世界だなと思った。

つい最近中野ブロードウェイに居住区があることを知り「え、中野ブロードウェイに住めるの?」と大変驚いた。コープブロードウェイと言うらしい。そしてゲストルームという居住者を通して宿泊できる部屋があることを知った。伝を頼り大変図々しいお願いとなってしまったがこの度ゲストルームに宿泊できる運びとなりさかもツインはウッキウキしながらコープブロードウェイのゲストルームへ潜入した。

 

中野ブロードウェイは1966年に開業した地下3階、地上10階建ての建物である。地上4階までが商業施設、5階からは居住区になる。

コープブロードウェイはヴィンテージマンションと呼ばれている。

※ヴィンテージマンションとは築年数が経つにつれて価値が上がるマンションの事を指す。現代にはないレトロなデザインや雰囲気がありレトロフューチャーが好きな人にはたまらないのだろう。

 

コープブロードウェイの中について↓の記事が参考になった。


中野ブロードウェイに住まう。コープブロードウェイの魅力に迫りました!【マンションジャーナル】

 

 

ねねもレトロフューチャーな世界が好きで怖いもの見たさでコープブロードウェイへ向かった。

今回ゲストルームを手配してくださった『紫のバラの人』のような人より事前に連絡を頂いた。どちらかといえばホラー、とのこと。
f:id:sakamotwin:20180810200314j:image

さかもツインはそれなりに旅をして色んな場所に泊まってきているのでそんなホラーじゃないでしょう、多少の昭和感はあるかもだけど、言うほどじゃないだろうし平気でしょう、と話した。その考えは甘かったことを後々思い知る。

 

いつもの中野ブロードウェイ。今日はここに潜入するのだ、とワクワクする。

f:id:sakamotwin:20180810200606j:image

事務所で鍵をもらい、5階にあるゲストルームへ。

f:id:sakamotwin:20180810200702j:image

 

エレベーターを降りるとそこは昭和だった。
f:id:sakamotwin:20180810200808j:image

敷き詰められた赤絨毯は美しいのか恐ろしいのかわからなくなるほどに延々と続いていた。
f:id:sakamotwin:20180810200836j:image

BED ROOM E。これが今宵のさかもツインの部屋である。
f:id:sakamotwin:20180810200942j:image

ドアノブの鍵がなかなか開けられなくて戸惑う。
f:id:sakamotwin:20180810201052j:image

入ってすぐに空調設備のボタンが気になる。昭和遺産だ。空調はセントラル方式のようで強弱のボタンだけだった。
f:id:sakamotwin:20180810201138j:image

 

扉を開けるとまず左手にユニットバスルームがある。
f:id:sakamotwin:20180810201930j:image

戦慄した。なんならちょっと叫んだ。こわいこわいこわいって。
f:id:sakamotwin:20180810201416j:image

便器が怖い。蓋がない便器が恐怖そのものだった。独房なのかな、と思った。

 

いつからあるかわからない固形石鹸がこの夏一番の恐怖だった。絶対触ってはいけない、本能で察した。
f:id:sakamotwin:20180810201912j:image

 全体的に明るいバスルームであるが、タイルの色褪せた感じや黄ばんだバスタブが恐怖でしかなった。

なんなら露骨な排水溝が吸い込まれそうで怖い。
f:id:sakamotwin:20180810202230j:image

 カビではないが黒ずんだタイルの廃墟感が凄まじい。おどろおどろしい。清掃は行き届き臭いもしないのに、この洗面所で歯を磨く度にえづいた。うぉえっとえづいた。それはさかもツインめめ(妹)もそうでありさかもツインは泣きながら歯を磨いた。

 

部屋の中は普通のビジネスホテルのような感じである。ツインの部屋よりやや広いか。昭和レトロな雰囲気がある。
f:id:sakamotwin:20180810202451j:image

灰皿まである。この形の椅子はどこに行ってももう売ってないだろう。座り心地は悪くないがやたら軽いので背伸びをしようものなら多分椅子ごと転ぶ。
f:id:sakamotwin:20180810202920j:image

ベッドに昭和布団。この布団ですら怖い。
f:id:sakamotwin:20180810202609j:image

テレビ、鏡。
f:id:sakamotwin:20180810202650j:image

消火器まである。あとこの椅子はなんなんだ。柄が昭和。
f:id:sakamotwin:20180810202718j:image

昭和フォントの朽ちていく過程なんだろうな、と思う。
f:id:sakamotwin:20180810202812j:image

鍵。昭和ホテルみたい。
f:id:sakamotwin:20180810202848j:image

電話、怖い。
f:id:sakamotwin:20180810203011j:image

ライト、怖い。
f:id:sakamotwin:20180810203025j:image

絵画、怖い。
f:id:sakamotwin:20180810203053j:image

サイドテーブル、怖い。
f:id:sakamotwin:20180810203119j:image

懐中電灯、怖い。

f:id:sakamotwin:20180810203140j:image

あいにくこの日は台風が来ており停電の恐れもあると万が一のときは使おうと思ったができればさわりたくない逸品で使わずにすんでホッとした。

 

天井。
f:id:sakamotwin:20180810203300j:image
f:id:sakamotwin:20180810203326j:image
f:id:sakamotwin:20180810203345j:image

ダクトに何か挟まってい…たすけてたすけて!!助けて!助けてよ!怖い怖い!

さかもツインは軽く取り乱し少しして落ち着いた。無視することに決めた。絵画裏のお札の有無は確認するのをやめた。何か見つけてしまった場合、その現実と向き合いながらここに留まらなければいけない、それは無理だと思ったから。

 

クローゼットは木製で中に浴衣が入っていたが怖すぎて着るのをやめた。
f:id:sakamotwin:20180810203742j:image

 

宿泊者用にバスタオル・フェイスタオル・スリッパ・浴衣が用意されているが、怖くてどれも使えなかった。
f:id:sakamotwin:20180810203845j:image

ここで言う怖い、とは衛生面や怨念のことだ。臭くないし衛生的だとわかっていても怨念というか年期の入った古めかしさが怖いのである。

 

 人は未知のものに恐怖心を抱く。この昭和遺産たちは昭和生まれのねねも知っているはずの昭和の物質たちなのだが平成の終わりに少しずつ廃れながら現役稼働していることが怖かったのだと思う。これらのものに触れても生死を脅かすことはない。けども日常からかけ離れた生活感のないこの空間はホラーでしかなかった。

昭和レトロが好きと言うくらいだがなぜが触れるとなると怖いのは昭和レトロの幻影しかみていなかったのかもしれない。レトロ風なデザインのワンピースは好きなのに古着屋で誰が着たかわからない歴史のあるワンピースがちょっと怖いのと似た感覚だと思う。

 

なにより窓がない部屋の閉塞感が辛かった。便器といい窓のない部屋といい「独房?」と何度もめめに問いかけた。
f:id:sakamotwin:20180810205031j:image

めめは黙ってコアラのマーチをひとりで食べ続けた。そしてうなだれていた。昭和の空気に当たり参ったらしい。何度も「終電で帰っていい?」とうわごとのように言っている。

 

それでも滅多に入れる空間ではないのだたくさん写真を撮って楽しんだ。昭和布団はバリッと糊がきいてとても寝心地がよかった。

 

築50年のこの場所はいつまで形を留めていてくれるのだろう。当時の輝きは少しずつ廃れてもレトロフューチャーという昭和遺産としていつまでも残っていてほしいと思うのだ。

 

最後に、快くお部屋を手配してくださった紫のバラの人もといKさんには大変感謝している。今まで泊まってきた宿泊所のなかで最恐のゲストルームだった。清潔なのに怖い、そんなホラールームで過ごした一夜のことは一生忘れないだろう。さかもツインの宝として心の中にしまっておく。ここのトイレで用を足せたのでひとつ強くなったと思う。本当にありがとうございました。

誰も知らないゲストルーム

とあるゲストルーム。


f:id:sakamotwin:20180809222551j:image

昭和の最先端は時を経て輝きを失う。
f:id:sakamotwin:20180809222648j:image

くすんだタイル。色褪せたバスタブ。

 

いつからあるかわからない石鹸。
f:id:sakamotwin:20180809222819j:image

 

ここはどこ。
f:id:sakamotwin:20180809222920j:image

 

わからない。わからない。
f:id:sakamotwin:20180809223006j:image

 

誰も知らない、ゲストルーム。
f:id:sakamotwin:20180809223230j:image