ここから先は私のペースで失礼いたします

さかもツインの健康で文化的なようでそうでもない生活をお送りいたします

恋は胃カメラのように

恋は落ちるもの、と誰かが言った。

気づいたときにはもう夢中。逃れることはできないね。

明日も今日と同じ日が続くかと思っていたけど恋に落ちて気づいたよ、昨日とは違う彩とりどりの世界。

なんだか胸がいっぱいでごはんが進まないんだ。恋い焦がれてるからかな。

おかしいな。普段の私はこんなんじゃないんだ、ごはん一合もぺろりと食べられないなんて。

おかしいな、締め付けられるような胸の痛み。もだえるよ。会えないからじゃない、好きと言えないからじゃない、胃が悪いんだ。

 

恋煩いと同じかな。ほっとけばこの胸の痛みに慣れるかな、いやそんなことないな、病院行こう。

 

初めて私を見たあなたは今日何を食べたか聞いてきたね、私に興味があってくれて嬉しいよ。

まんじゅう食べてきたんだ、私は和菓子が好き、あなたは何が好き?そうやって二人の好きの間を好きで埋めていきたいの。気づいてる?問診票とカルテは私のことでいっぱいのようね。

 

 

そしてあなたは言ったんだ。もっと私のことを知りたいって。カメラで見ようって。胸の内をさらけ出せるのはきっとあなたにだけよ。喜んで見せるわ。

 

そして次の日私はまたあなたに会いに行ったの。約束を破って夜中にかじったチョコレートがばれませんようにって。

 

こんなに胸の内をさらけ出すのは初めてだから緊張してしまう。

 

その前に秘薬を飲ませたね。仕方のないことよ。恋心のようにこれが苦いか甘いかは気分で変わる。

カメムシ以上に苦かったわ。恋なんてそんなもん。そんなに甘やかさなくていいわ、苦味がなければつまらない。

 

そして始まる、ロマンチック胃カメラタイム。

ここから先は抗ってはいけない。抗ったら進まないの。あなたの力強いその腕に全てを委ねるわ。

 

制約ばかり押し付けるけどそれは二人の秘密のルール。

 

そのカメラで私の腹の内をのぞいてよ。きっとそこには「好き」って書いてあるから。

 

麻酔をかけられて私の喉は動かない。声は出ない。嘘は言えない、それでいい。

 

大切なことはほんの一握り。無駄な言葉はいらないの。好きだけあればいいの。

 

力を抜いて抗わない。喉が胸がひりひりするの、恋い焦がれて焼けてしまったのかもしれない。

 

ならばその胸の内の本当を見いだしてよ。

 

風をふかせて、ライトで照らして。私は吐き出さないよう涙を流しながら胸の内のさらすよ。

 

抗わなければうまくいく。抗わなければうまくいく。

 

私の本当の気持ちとあなたの本当の気持ち、抗わないで受け入れる。

 

胸の内が見えたらそのカメラを抜いてよ。顔中から溢れる水はなんだろう。歓びの泉はここにある。好きなだけティッシュを使ってと差し出してくれたティッシュボックス。あなたの最初のプレゼントで私はよだれと鼻水をぬぐうわ。

 

部屋の灯りをつけてあなたは言ったわ、私の胸の内は健康って。ちょっと形が変って言い残していなくなってしまったわ。

 

あなたの好意がなければ恋は成立しないの。

あなたの好意を受け入れなければ恋は成立しないの。

 

恋は1人ではできない、胃カメラと一緒。

胃カメラをやる人と受ける人がいないと胸の内は知れないの。

 

大事なのは抗わないこと。変に力むとうまくいかないわ。

うまくいかなくても人間の自然治癒力に任せれば時がたつにつれて次第に元気になるわ。

 

だから恐れることなんてない、あなたの仰せのままに私は生きるわ。胃薬ちゃんと飲みきったら元気になったわ。ありがとう。あなた。

 

 

 

 

 という、明後日33歳になる友人Kに捧ぐ恋の歌です。恋は胃カメラと一緒と力説してもうまく伝わらなかったですが。

 


胃カメラ初体験は予想以上に辛かった話 - ここから先は私のペースで失礼いたします

火曜サスペンスごっこ上半期まとめ

こんばんは、ねね(姉)です。

さかもツインはSNS大好きです。FacebookInstagramTwitter、フル活用です。

 

ねねはInstagramで火曜日に決まってお届けする『火曜サスペンスごっこ』というものをやっています。

 

火曜サスペンスごっことは、死んだふりをするだけの写真を撮ってきて、いかにそれっぽくなるかというやつなんですけど、何で始めたかというと去年静岡県奥大井湖上駅というところに行った時に線路の脇の歩道橋に寝そべって写真を撮ったんですね。


f:id:sakamotwin:20170622204925j:image

そしたらその流れで


f:id:sakamotwin:20170622204943j:image

軽く死んでたんです。

これいいなぁ~って思ってから地べたに這いつくばる生活が始まりました。

 

地べたから見る景色は刺激的だし、空がめちゃくちゃ広いです。

 

かれこれ1年ちょいやっているので、今日は火サスまとめでも。

 

最初は近所の公園でセルフタイマーで撮ることが多かったのですが、セルフィーだと微妙な角度とかこだわれないので、最近はめめか一部の友人にお願いしています。

 

旅先の岩場などロケーションがそれっぽいところが好きですね。海は火サスの鉄板です。

 

2017年上半期の火サスで一番気に入っているのはこち

https://www.instagram.com/p/BR5kH8Dh2jT/

灯台もとくらし#火曜サスペンスごっこ #階段#落ちた?#落とされた?#灯台


鹿児島県のとある灯台でのできごとです。
f:id:sakamotwin:20170622205405j:image

靴を片方脱いだらカメラマンのめめが大喜びでした。
f:id:sakamotwin:20170622205500j:image

天気も悪くそれっぽさがよく出ています。

 

こちらの火サスは静岡県のとある砂丘で、1月に行ったんですけど

https://www.instagram.com/p/BP7Pkm0AZTK/

海から揚がったのは…。#火曜サスペンスごっこ #冬の海 #海#砂浜#波

波の動きが読めなくて見事波に飲まれてしまいました。


f:id:sakamotwin:20170622205702j:image

足元から胸下まで、ざざあっと冷たい海水に侵食される感覚。


f:id:sakamotwin:20170622205739j:image

慌てて逃げるも時すでに遅し


f:id:sakamotwin:20170622205803j:image

パンツまでびしゃびしゃです。


f:id:sakamotwin:20170622205823j:image

笑うしかなくて


f:id:sakamotwin:20170622205841j:image

服は砂まみれになりました。

 

仕方ないので


穴を掘る - ここから先は私のペースで失礼いたします

砂浜に埋まり軽く水分を砂に吸収してもらい、そのあと近くのコンビニで肌着を買いました。

 

同行した友人の真っ青なドン引きした顔。ねねは「ごめんね、こういうことでもう2度と迷惑かけないから!」と自己の行動を反省しました。

 

こちらも鹿児島県のとある岩場です。

https://www.instagram.com/p/BSJVYZkBoGC/

いっぱぁ~つぅ#火曜サスペンスごっこ

 

火サスの流儀として、危険なことはしない、死なない、なので危なくみえるんですけど実際足の届く岩場ですのでご安心を。
f:id:sakamotwin:20170622210206j:image


f:id:sakamotwin:20170622210309j:image


f:id:sakamotwin:20170622210327j:image

ちゃんと登れるし。

 

https://www.instagram.com/p/BQfeSKAAsly/

お詫び バレンタインのチョコを届ける前に蟻地獄みたいな所に落ち帰らぬ人になってしまいましたので本年のチョコの配布はありません。#火曜サスペンスごっこ#バレンタイン#赤 #真っ赤ってときめき #チョコ

 

この火サスは珍しくセルフィーですが、三脚を使ったのでほどよい距離感があります。
f:id:sakamotwin:20170622210430j:image
f:id:sakamotwin:20170622210512j:image
f:id:sakamotwin:20170622210528j:image

テンポよく撮ってます。

 

こちらはとある旅館の螺旋階段です。構図を決めるのにも時間をかけるようになってきました。

https://www.instagram.com/p/BT3pnjxFLu8/

実は赤いワンピース以外の服も持ってるんです。#火曜サスペンスごっこ #螺旋階段

 

以上、上半期の火サスでお気に入りを紹介しました。

 

何のためにこんなことしてるのかと言ったら特に意味はありません。全くありませんね。

地べたに這いつくばるの普段と違って面白い、というところはあるかもしれません。

 

しばらく火サスをやるうちにコメントを下さったり、火サスをやってくれる人がいたり。他の人の火サス見るのすごく好きですね。見てくれる人にありがとうと伝えたいです、

 

火サスで伝えたいメッセージは、赤い服はよく目立つから着た方がいいということです。あとは生きてることのありがたさって死んでから気づくと遅いから生きてるの楽しいねってことくらいですかね。

 

古い付き合いの友人に実はInstagram見られていて、「火サスシリーズいつも見てるよ、カレンダーにしなよ」と言われたときはバレてる~と少しだけ背筋が凍って死にたくなりましたがねねは今日も元気です。

 

では。

生玉ねぎ食べたから。

こんばんは。めめです。

 

週末にわくわく広場に行き美味しそうな紫玉ねぎ(生食がおすすめ)を買ってきました。

 

生玉ねぎは血液をさらさらにしたり、栄養がいっぱいだったりと身体に良いとの事なので塩とごま油でパクパクしたんですね。とても美味しい。

 

そしたらね、

 

 

息くっせぇー

 

  • 牛乳で胃に膜を張ってから食え
  • リンゴを食前に食え
  • コーヒー、緑茶を飲め

など臭いを防ぐ方法が色々ありますが

 

どれも全然効くと思えません。今日コーヒーをがぶ飲みしたらただトイレが近くなっただけ。玉ねぎ臭は緩和されませんでした。

どうやらこの玉ねぎ臭は16時間は持続するとの事なので時間が過ぎるのを待つのみです。

 

昨日の夜に食べた生玉ねぎ。そろそろ臭い消えるよぉ~て頃にバカめめはまたもや生玉ねぎを食べてしまいました。


f:id:sakamotwin:20170622000415j:image

炒めた飯、の左後ろにあるのがサラダ。キャベツと玉ねぎとチリソース。

チリソースと生玉ねぎの辛味が良い感じで美味しい。

 

むしゃむしゃ

 

そしてめめの口はまたもや臭くなっていくのでした。

 

食後にミャンマーミルクティーを飲んだらあまりの美味しさに感動しました。

チャイ難民のねねに飲ませたい味でした。

ミンガラバー 駅前店

食べログミンガラバー 駅前店

ここのミルクティーは濃くて本当に美味しいのでおすすめ!

 そんな濃いミルクティーも玉ねぎ臭には太刀打ちできずめめの口はまだまだ臭いです。

 

晴れたらやらなきゃいけないことってあるよね

こんばんは。めめです。

 

もんの凄い湿気!じめじめでカビちゃいそうな今日のお天気。

 ねねはマットレスがカビたそうだ。


f:id:sakamotwin:20170621183532j:image

モンゴルでは空気が乾燥していて洗濯物は夜の部屋干しでもバリバリに乾くとても良かった。


f:id:sakamotwin:20170621183735j:image

 

日本だとつぅーんと生乾きのくっさい臭いがするでしょう。

雨が降ると洗濯物に困るので

今週のお題「晴れたらやりたいこと」

明日は布団を干して洗濯しないといけない。


f:id:sakamotwin:20170621184031j:image

だって来週はずっと雨だから。

 

 

晴れたらどこかに遊びに行こうと思ってもそもそも日光が駄目なひ弱な人間だから、家で家事するのが吉。

 

 

重要文化財日本郵船氷川丸を見に行こう

こんばんは、ねね(姉)です。

今日は横浜に行ってきました。横浜、おしゃれな街ですよね~。中華街で食い倒れもいいですが、山手の洋館巡りをしたり、山下公園でのんびりしたり、楽しむに事欠かないところです(デートに向いてる、向きすぎている。が、行く相手がいない)

 

年に数回横浜には行きますが、日本郵船氷川丸を見学したことはありませんでした。

 

初めて行ってみて感動と興奮に包まれたので、今日は氷川丸の良さをお伝えしたいと思います。

 


日本郵船歴史博物館・日本郵船氷川丸

↑詳しくはこちら。

氷川丸は1930年にシアトル航路用に建造された貨客船。戦前の日本で建造され現存する唯一の貨客船とのこと。2016年に重要文化財に指定されています。

 

町中華街駅から徒歩5分ほどで山下公園につくかと思います。その海よりのちょっと先に氷川丸はあります。

 

f:id:sakamotwin:20170620220747j:image

こういう黒い船。

 
f:id:sakamotwin:20170620220811j:image

入り口から船に乗り込みます。

入園料は大人300円。JAFカードとかで割引がきくらしいです、

 

1930年竣工の貨客船なので、内部の装飾はクラシカルな洋館のようです。


f:id:sakamotwin:20170620221322j:image

客室案内の字のフォントが昭和でわくわくしますね。

 
f:id:sakamotwin:20170620221405j:image

館内はうっすらとした暗さと白熱電球の柔らかい光が昭和の世界観をそのまま遺してくれているようです。

 
f:id:sakamotwin:20170620221519j:image

一等食堂のこの螺旋階段。


f:id:sakamotwin:20170620221555j:image

船とは思えないほどの優雅な階段です。


f:id:sakamotwin:20170620221659j:image

優雅なべっちんの椅子。
f:id:sakamotwin:20170620221733j:image

こじゃれた天井窓。
f:id:sakamotwin:20170620221812j:image

窓の格子のデザイン。

良いですね~!

 

f:id:sakamotwin:20170620221959j:image

こちらは三等客室。二段ベッドで狭いです。

f:id:sakamotwin:20170620221934j:image

こちらはスィートルーム。かの有名なチャップリンも滞在したとか。
f:id:sakamotwin:20170620222203j:image

ベッドの上のひらひらは飾り毛布といい、ただ畳むのではなく飾るということも意識したベッドメイクをしていたようです。

 

外のデッキにも出られます。


f:id:sakamotwin:20170620222420j:image

鐘がありますが、思いの外大きな音で鳴るので気を付けてください。ねねは大きすぎる音にびびりました。

 


f:id:sakamotwin:20170620222550j:image

救命ボートもちゃんとあります。

 


f:id:sakamotwin:20170620222617j:image
f:id:sakamotwin:20170620222637j:image
f:id:sakamotwin:20170620222706j:image

計器や操舵室、船長室、舵を切るやつ、全部当時のまま見られますので「なにこれ、すごい」しか言えなくなります。


f:id:sakamotwin:20170620222824j:image

こういうアナログなボタン。押しましたよ、もちろん。押し心地は昭和でした。昭和の扇風機でした。2ヶ所押すとバチっと全部のボタンが上がるやつ。懐かしくないですか?

 


f:id:sakamotwin:20170620223006j:image

こういう丸窓の向こうに人がいるとぎょっとします。


f:id:sakamotwin:20170620223438j:image

めめは浮き輪をつかもうとしてここまで滑稽になるんだ、とびっくりしました。

 

さぁ、地下へ潜っていきましょう。

エンジンのある機関室です。

ここから先は産業のすごさを、人間の造ることへの止まることのない力を、目の当たりにして寒気がする世界となります。


f:id:sakamotwin:20170620223535j:image


f:id:sakamotwin:20170620224720j:image


f:id:sakamotwin:20170620224735j:image


f:id:sakamotwin:20170620224800j:image

f:id:sakamotwin:20170620224816j:image


f:id:sakamotwin:20170620224829j:image


f:id:sakamotwin:20170620224856j:image

 
f:id:sakamotwin:20170620224911j:image


f:id:sakamotwin:20170620224946j:image

 

あまりの未知の世界、見たことのない巨大な機械に恐れおののきます。

 

古い工業油の臭い、説明されたとしても到底理解はできない無数の機械、くらくらと酔いそうです。(実際船内は傾いているので歩いているだけでも三半規管がゆさゆさ揺られる)

 

このエンジンが実際に稼働して、ここに働く人がいて、シアトルまで14日間の航海をしていたのか、と思うと感慨深いです。興奮せずにはいられない。

 
f:id:sakamotwin:20170620225434j:image

こういう配管や大型機械が好きな人はぜひ行ってみてほしいものです。

 

フォトジェニックです。

 

帰りにホテル・ニューグランドに寄りました。


f:id:sakamotwin:20170620225646j:image


f:id:sakamotwin:20170620225656j:image

正面のこの青い絨毯の階段、美しくて見とれました。

喫茶室のケーキをめめが買って帰りました。多分今ごろ食べているでしょう。

 

横浜はクラシカルとフォトジェニックであふれてますね。

胸打たれました。

行ったことのないかたはぜひ行ってみてほしいです。

 

ちなみにねねは氷川丸を気に入りすぎて2週連続で行きました。

多分また行くと思います。では。

 

幸せなねんねこ大使館

こんにちは。めめです。

 

今日は朝起きる前に夢にトムヒドルストンが出てきてそれはそれは幸せでした。

 

何かの映画のプレミアで来日していてトムヒドルストンに『大好きです!』と伝えたら『イヒヒ』と笑ってくれ、人混みに紛れてぷりっと鍛えられたトムヒドルストンのお尻を触ってしまうそんな所で目が覚めました。

 

今日はねねとお出かけの約束でアラームが鳴り、その上ねねが勝手にめめんちに上がり込み『オーイオーイ』と起こしてきたので幸福な時間がぶち壊されてちくしょうめとねねにイラついたそんな日でした。

 

横浜中華街で麻婆豆腐を食べました。


f:id:sakamotwin:20170620214052j:image


帰りにねねは電車の中でねんねこ大使館してしまい隣の人へとこっつんこっつん寄りかかってしまいうざねんねこ大使館してしまったねね。その代償か『うっつらしていたから首痛い』と身体の不調を訴えてきました。

 

埼玉県民には遠い横浜。

移動の電車の中では幸せねんねこ大使館はできたもんじゃないなと思うめめでした。

 

ネグリジェで寝てみる

こんにちは。めめです。

 

真っ昼間からナイトウェアのお話。

 

どーでもよい情報だがねねはネグリジェ派。可愛いからと言う理由でしょう。昔はPJのクソふりふりの物を来ていたが現在はスペック重視で綿100やらガーゼやらの素材を愛用している。色はピンクだ。(キモチワリィ)

20代から続け今でも現役ネグリジェラーのねねね。

ちなみにめめはユニクロのスエット派。

 

ずいぶん前にねねからガーゼのピンクのネグリジェを貰った。

気温が微妙なこの頃にはぴったりと思いネグリジェで寝てみた。

オケツが寒くて眠れなかった。何度も毛布をかけ直したりしたが寒くて眠れなかった。

 

結論

ネグリジェはオケツが出ちゃうので寒くて寝れない。

 

そう言えばねねもいつもオパンツ丸出しでスゴスゴ寝ていたなぁ。とネグリジェと言うもんは意外と寝ずらいナイトウェアだなと思うめめでした。