読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここから先は私のペースで失礼いたします

さかもツインの健康で文化的なようでそうでもない生活をお送りいたします

クソフェッショナルな仕事の流儀

ねね(姉)です。

昨日の仕事中、書類カキカキをしていたら本来カルテに綴るべき用紙がカーデックスに貯められていてそれをイライラしながらさばいていました。

 

何10枚も捌いたところでオンダさんに

※オンダさんはねねが尊敬するおばちゃん↓



「それすごい量だねー」と笑われます。

 

ねねは「これため込みすぎなんですけと!イライラすんですけど!」と怒りを顕にし数10枚の書類をテーブルに笑顔で叩きつけました。

 

そしたら他のおばちゃんが

「あー、ねねさん、それはね、気づいた人が負け!そう考えないと。そうすると怒らないで済むよ」

とアドバイスをくれました。

「気付かない人は気付かない、それで平気な人は平気なの。

気づいてやったら負け。負けちゃったと思ってやるしかないよ。

気付かないか、負けるか、どっちか。」

「自分は気づいていないことを誰かがやっていてくれることもあるかもしれないからお互い様と思ってやるしかないよ。」

 

とのことでした。

 

ふむ、すごく納得。

そうですよね。気づいたらやる、その分仕事が増える。

 

仕事したくないなら気付かないこと。

一つくらい気付かなくても誰かがやるであろうから回るだろう。

 

なんて、なんてクソフェッショナルな職場だろう。

 

仕事したくないんじゃないんだよ。

ひとりひとりが気づいてやればスムーズに流れていくことなんだけどなぁ。

そしたら負担が軽くなるのにねぇ。

 

気づかない人はあのドラム缶みたいな腹のおばちゃんだろうな。白衣のサイズピチピチすぎてイラッとする。

ドラムラインがくっきりしすぎてキモいんだ。

肉つまみそうになる。

肉ペンでぶっ刺しそうになる。

肉こそげ落ちない?としたじきとか鋭角に当ててみたくなる、ドラムライン

 

笑うと揺れるドラムライン

息すると動くドラムライン

ウエストポーチがはじかれてしまいそう、ドラムライン

 

ああはなりたくないからねねは気がついたら負けたけどしゃあないな、と思ってやるしかないですな。

 

その一連のやりとりを聞いていた師長。

「ねねちゃんは、負け組だね笑」

 

てめぇホルマリン!

夜中寝てたら飼い犬に噛まれて腕パンパンに腫らして腕までホルマリンカラーになってるやつが負け組とか言うな!

 

プライベートでも負け組、仕事でも負け組。


f:id:sakamotwin:20161029224720j:image

※のぐ○をしているようでしていないねね

 

それがねねのクソフェッショナル仕事の流儀。

 

今日のまとめ

仕事やめてぇー


f:id:sakamotwin:20161029221950j:image

※仕事やめてぇ、の図

 

今の職場への嫌悪感がすごくなっている今週のねねでした。

来週はもう少しおおらかに仕事がしたいよ!