読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここから先は私のペースで失礼いたします

さかもツインの健康で文化的なようでそうでもない生活をお送りいたします

鳥のうんこをくらった日

単刀直入に言いましょう。回りくどいことなんていらないでしょう。


f:id:sakamotwin:20161119203540j:image

左腕に鳥のうんこがびちゃっと、かかりました。

 

ゆるゆるじゃ!

ほんのり黄色いじゃ!

アメーバ様の粘性があるじゃ!

 

 

今日の仕事はやや忙しくくたくたで東京駅を歩いていたんです。

街路樹の下を早く帰りたい気持ちでせかせか歩いていたんです。

そうしたら左腕に、びしゃっと水鉄砲のような水圧を感じて思わず「あっ!」って叫んだんです。ひとり。

もう分かったんです。見なくても。

 

それがうんこだって。

 

終わりの始まり。
f:id:sakamotwin:20161119203540j:image

とりあえず写真を撮りました。

 

そしてこのアメーバ的排泄物をどうするか。

ベージュのトレンチコートと紺色のトートバッグにアメーバが付着。

二次災害というか同時多発テロだ。

だめ?2品ダメにしないとだめだったの?鳥さんよ!

随分と残虐なことをするものです。

 

とりあえずこの左腕を動かさず、右手でそっとかばんからウェットティッシュを取り出します。

 

鳥インフルエンザとか、鳥って分からないから。こわいから。アルコールがどこまで効くかわからないけど、拭いました。アメーバ様の粘性排泄物。

 

とりあえず手を洗わないと、と思い、急いで大丸のトイレへ向かいます。

 

プラダの前を通り、ミュウミュウの前も通りトイレへ向かいます。

 

鳥くそくらいのネネが通る

 

ハイカラさんが通る的なロマンスなんて無いわけ。

 

いい匂いのする綺麗なショップ店員さんとすれ違うわけ。

 

こちとら鳥くその変な生臭い匂いするわけ。

 

おーで鳥くそコロンみたいな。凄いよね、鳥くその破壊力。

 

こいつがついてるだけで世界が変わる。人として生きるのが難しいのかもしれない。

 

獣害。

 

こんなんついてたらね、もう人間的にアウトなの。

 

犬の糞ふんだ、で靴底ダメージも嫌だけどそれは靴底ゴシゴシやればいい。

 

腕に鳥くそはね、繊維に染みちゃうの。

乾いたところで白くカピカピになるの。

 

この前クリーニングから下ろしたばかりなの。

また出すしかないじゃん。

 

きたねーから!

 

そんな気持ち悪いトレンチコートを着てさ、
f:id:sakamotwin:20161119211951j:image

 銭形警部がクラリスの前で

「あなたの心です」

とか言ってもそれはもうクラリスの耳には入ってないの。

袖口にうんこ付いてるから。

それ気になっちゃってもう何も聞いてないの。

多感な年頃でしょう?

「(え、なになに、袖になにか付いてる、てゆーかそれ鳥のうんこじゃない?えーきもいこのおっさん、なんなのなんかすごく喋りかけてくるんだけど。くっさ!なにこれ!鳥くその匂い生ぐっさ!きもい!いいからさ、早くそれ脱いで燃やしなよ!社会生活に適合しないよ!ありえない!きもい!燃やせ!はやくどっかいけ!)」とかボソボソ呟いて、あのカリオストロの城のエンディングが胸くそ悪い感じになるわけ。

なんか切なくなるわけ。

えー、クラリスってこんな子だっけ?銭形警部も見せ場で濡場(袖口)演出したらダメでしょ。

みたいなハチャメチャムービーになっちゃうわけ。

 

それ位トレンチコートに付いた鳥くそは罪。

 

また例えばの話ですけど、鳥くそついた帰りの電車で隣がひと席空いてカップルの女の子が座ったの。

降りる駅で男の子が女の子の手引いてあげるの。

 

もうこれきた!ねねの心をえぐるわけ。

ほんっと切ない。

その女の子がねねだったとするでしょう。

それで手を差し伸べたら生臭い鳥くそついた腕が出てくるでしょ?

そしたら声になりきらない声で「ヒィッっ」とか言ってしまうじゃないですか。

 

嫌われるじゃないですか。

 

だからね、そんな手を差し伸べてくれる殿方なんていなくて良かったんですよ。

無駄に嫌われなくてすんでよかった。

 

自分の足で立ち上がり、自分の行く道を行く、そして腕に鳥くそをかけられる。

すげーひどい仕打ち。

だけどそれすら自分で拭うよ。

 

ひとりはたくましい。

 

か弱い女の子はかわいいがられる。

 

ひとりは鳥くそくらう。

 

か弱い女の子は手を引いてもらえる。

 

世の中そんなもんですよ。報われたい。

 

今日のまとめ

  • 鳥くそかかるとひどく切ない

 

以上、そんな時は梅干しおにぎりを食べるねね(姉)でした。